よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

地震お見舞いと雨の日の嬉しい心遣い

鈍感なのか私は揺れを感じなかったし、テレビもつけていなかったので、今朝の地震を知らずにいた。たまたま大阪の方のブログを読んでいて、そこに書き込まれたコメントに「地震大丈夫でしたか?」という内容のものがあり、なんだろうと思ってニュースサイト…

なぜか突然『おはなししてよ かあさん』岸田今日子さんのLP

夕方流しに立って洗い物をしていたら、突然「あーめの降る日にあたしたち、なーにを見つけたっけ♪」という歌が頭の中に流れた。 これは岸田今日子さんが、録音当時3歳だったご自分のお嬢さんまゆちゃんにお話を聞かせたり、一緒に歌を歌ったりして作ったレ…

今日のコスモス会やらマッサージやら訂正やら

雨のなか国際協力コスモス会に出かけたけれど、外国人の参加者はゼロで、日本人が4人だけと、ちょっと寂しい例会だった。「お煎茶」をする予定だったので、代表のKさんがお菓子から道具一式を持ってきて下さり、美味しい静岡茶をいただきながらまったりとみ…

ものがたり受難の時代だからこそ・・・『孤軍』笹本稜平著

高齢の資産家が50歳も若い女性と結婚すると間もなく怪死した事件や、プロ棋士の藤井聡太七段の破竹の活躍。大怪我から復帰するや、奇跡のようなオリンピック連覇を成し遂げてしまった羽生結弦選手に、プロでありながらピッチャーで四番打者もこなしてしまう…

吹奏楽に浸った週末

先週末は信州に出かけた。部活の吹奏楽に夢中で、ゴールデンウイークも合宿に参加で親たちと別行動だった孫の、定期演奏会を聴くためだ。今年は息子の連れ合いの両親も加わることになったため、息子たちの家ではなく、息子たちがとってくれた松本駅近くのホ…

ラマダン明けのイベントに招待いただいて

またまた貴重な異文化体験をすることができた。日本語教室の生徒さんに、ラマダン明けの食事会にご招待いただき参加してきた。 モスクの建物は、もとはバイクのお店だったそうだ。郊外とはいえかなり大きな建物なので、買取の値段はそれなりに大変だっただろ…

児童養護施設を見学

今日は午前中民生委員の例会で、午後は施設見学の日だった。去年は障碍を持つ方々の授産施設である多機能型事業所を見学したが、今年は児童養護施設を見せていただいた。 そもそもは昭和24年に旧海軍大崎航空隊営外酒保であった建物を使って、戦災孤児(当時…

戦争の理不尽さが胸にしみる『天切り松闇がたり 第四巻』浅田次郎著

昨年第一巻を読みとても面白かった「昭和侠盗伝」シリーズの第四巻だ。 浅田次郎著『天切り松闇がたり 闇の花道』は、絶滅したかもしれない粋でいなせな闇の世界の物語【写真を追加】 - よんばば つれづれ グウタラでばくち好きのろくでもない父親のために、…

ホースセラピーに参加

クラウドファンディングのリターンとしてのチケットを使って、ホースセラピーに参加した。「30分のリラックス乗馬」コースがペアで利用できる権利だったのだけれど、私はファンドの募集主である友人のK子さんが参加するホースセラピー講座に、一緒に参加させ…

ラマダンと日本語学習と私のこの5年

木曜日はふれあい日本語教室。私が手伝っているのは初心者のクラスで、現在の在籍者はインドネシア人が3名。そのうちの一人はこの何週間か欠席している。今日はラマダン中でもあり、そのうえあいにくの雨だ。そんな悪条件の中でも、2人は来てくれた。しか…

お洒落なカフェでスケッチ

喫茶店で、ケーキと飲み物をスケッチしたあと食べる、という企画の「食べる」部分につられて、スケッチ教室に参加した(追記:厳密に言うと、「飲み物」も入っているので「食べる」でなく「胃袋に収める」とか「いただく」とするべきでしたね)。 事前に了解…

運動会で変化に驚いたこと

地域の小学校の運動会が、テントだけは進化していたが、50年以上昔の自分のころと本質的にあまり変わっていなかったことを前回書いた。実は、あと二つ驚いたことがあったのだけれど、書き忘れていた。面白いので紹介したい。 一つ目は、1・2年生の徒競走が…

事故がなかったのは何よりだったけど・・・

民生委員をしていると、地区の小中学校の運動会に招待される。先週は中学校(雨で一日順延)、今週は小学校だった。昔は運動会と言えば秋が定番だったけれど、今市内の小中学校はほとんど春に行われる。 昨年の小学校の運動会は、奈良旅行とぶつかって欠席し…

新しい治療院とこの夏のペディキュア

去年、股関節が悪化して、歩くのにもいくぶん支障が出るようになって、9月から数か月鍼灸整骨院にマッサージに通った。生まれて初めての鍼治療も経験し、とんでもないミスにも遭遇したことはブログにも書いた。開業してまだ日の浅い先生なので、経験を積ん…

こういう謎解きいいな『思い出探偵』鏑木蓮著

少ない月でも5、6冊は本を読んでいるけれど、ブログで紹介したいと思う本にはそうそう出合えない。でも、今回の『思い出探偵』は良かった。 主人公実相浩二郎は、一人息子が冬の琵琶湖で溺死し、自殺と判断されたことをきっかけに警察を退職し、「思い出探…

聾学校からの太鼓の音と今あるもの

聾学校わきの道路を歩いていると、太鼓を練習する音が聞こえてきた。聾学校なのだから、当然聴覚に障害のある子供たちが叩いているのだろうと思うと、昨日地域の中学校の体育祭で聞いた、和太鼓部の演奏から受けたのとはまた違った感銘を受けた。 以前テレビ…

思いがけない贈り物

郵便受けに私信を見つけると、もうそれだけでもワクワクする。今日は封書で、しかも年賀状以外はほとんど遣り取りのない千葉県に住む友人からで、ワクワクもとびきりだった。部屋に持ち帰り、いそいそと開封すると、中から手紙とともに小さなプレゼントが出…

伊勢型紙講習やら「大人の愉しい夜間学校」やら

金曜日、国際協力コスモス会は、ムスリムの人たちのラマダン期間中という事もあってか、4人だけの出席と少々寂しかった。 去年の春お雛様の絵柄の作品を作った伊勢型紙。また同じUさんに教えていただいて、今回は初夏にふさわしい作品を作った。 去年のお雛…

芦ノ湖遊覧船運航中止(泣)の日帰りバス旅行

地元小学校区の4つの老人会合同の、春の日帰りバス旅行。親睦のため、去年に続いて参加する。うちの老人会からは私を含めて女性3人、全体では35人の参加だった。49人乗りの新しいバスは座席も余裕、落ち着いたピンク一色の車体は大きなサービスエリアでも目…

潔い若さが煌めく『ウエストサイドソウル』花村萬月著

主人公は不登校の十七歳、火田光一(ピカイチ)。赤ん坊の彼をおいて、母親は博打中毒の夫に愛想をつかし出て行ってしまった。以来、ピカイチは「大将」と呼ぶ父親と二人暮らしだ。 なぜ大将かと言えば、妻に出ていかれて改心した父が、才能が認められつつあ…

無駄になった見舞の花

知人の見舞いに出かけた。食道がんで口から物が食べられないと聞いていたので、お花を持って行った。ところが、感染症予防などのため生花の持ち込みは禁止とのことで渡せず、むなしく持ち帰るはめになった。見舞に生花は適さないというのは、現代では常識な…

ふれあい日本語教室のポトラックパーティ

この春から手伝い始めたふれあい日本語教室、ゴールデンウイーク明けの今日はポトラックパーティだった。 参加者のルーツとなる国は、インドネシア、台湾、中国、バングラデシュ、コロンビア、ペルー、そして日本、だろうか。お料理も国際色豊かなものが並ん…

名画を見た後のよう『ラジカセ』三重発地域ドラマ

録画したままになっていたNHKのドラマ『ラジカセ』を見た。4月7日の放送なので、ちょうど1か月経ってしまっていた。 これまでもNHKの地方局制作のドラマには名作が少なくないけれど、今回のこの津放送局制作の『ラジカセ』も素晴らしい作品だった。消去せず…

自習室&カフェtalkからクラウドファンディングのお礼

友人のクラウドファンディングが閉め切られて10日余り。自習室&カフェtalkから、リターンの礼状とチケット類が届いた。ドリンク券が4枚と、「ともニティ牧場」のリラックス乗馬ペアチケットが1枚。 このブログを通じてご協力くださった方々にも、届くこと…

手触りがたまらないプニュプニュの猫

暮らしから物を減らすなどと言いながら、なくても済むものをつい買ってしまった。とぼけた顔つきがあまりにも可愛かったし、おまけに触るとその手触りがなんとも気持ち良いのだ。 家の近くにあるお洒落な雑貨ショップに先日贈り物を探しに行ってこの子を見つ…

ごく小規模な4か国交流

海峡を挟んだかの半島で歴史的会見がなされた今日、私たち国際協力コスモス会は、路面電車に乗って、市役所見学を行った。 豊橋駅に朝10時に集合したのは7人。一人は車で直接現地に行くと連絡が入り、この7人で市電乗り場に移動する。電子マネーmanacaのな…

思わぬ拾い物か『おっさんずラブ』

今期はほのぼのとしたドラマがなく寂しいなと思っていたら、思いがけない掘り出し物を見つけたかもしれない。土曜日深夜枠の『おっさんずラブ』だ。 キャストはなかなか魅力的だけれども、題名や内容紹介にたじろいで、見ようとは思っていなかった。ところが…

「九条の会」や「沖縄」に条件反射?

今日、東三河九条の会主催で、沖縄の映画を撮り続けている三上智恵監督の講演会があった。以前、同監督の映画は見たけれども、私は講演会というものが苦手なので、そのあとの「Send Peace Project」のチラシ配りだけ手伝いに出かけた。 市電が公会堂に近づく…

吉田文楽保存会の人形浄瑠璃鑑賞、のちスタンディング

豊橋市の無形文化財の飽海(あくみ)人形浄瑠璃を保存、継承する、吉田文楽保存会というものがあることは以前から知っていた。定期公演があると市の広報にも掲載されるので、一度見てみたいと思いながら、まだ見たことはなかった。 今日はその保存会の方を講…

ささやかに記録・・・

ごくごく私的なことなので・・・と思ったが、やはり私にとってはとても大切なことなので、記念に記すことにする。 来月5月が予定日だった次男の伴侶の出産。だいぶ早いのだけれど、昨日破水して病院に行ったとの連絡があった。すでに破水したのなら、すぐにも…