よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

インビザラインが始まった

完成したマウスピースがアメリカから届いて、いよいよインビザラインによる歯の矯正が始まった。 まずは上の歯から装着スタート。歯の表面に何か所か突起をつける作業。さまざまな調整を経て装着が終わるまで、口は開けたままだ。30分くらいだったのだろうが…

信州から届いたブルーベリーほか

信州から摘みたてのブルーベリーが届いた。「二人で摘んできました」とある。吹奏楽漬けの孫はもうすっかり別行動で、このところはもっぱら新婚時代のように、夫婦での休日になっているらしい息子たちからである。 甘くておいしい。 昨日会った友人からのメ…

15年分のおしゃべり

昨年、誕生日の近づいたある日、思いがけないプレゼントで喜ばせてくれた友人から先週便りがあった。この三連休に帰省するので、時間があったら土日のどちらかで会いませんかというものだった。土曜は新聞社回りとスタンディングの交流会の予定があり、日曜…

久々の新聞社回り、道路は渋滞

先日ちょっと触れた”言い出しっぺ”発の新しい取り組みの宣伝で、今日は新聞社回りをした。今まで豊橋スタンディングの活動などをよく取り上げてくれた地元の小さなH新聞社は、電話で事前に約束を取り付けていた。その他の新聞社は受付で説明するだけで記者と…

ミニバッグとお弁当きんちゃく作り

若いころはぼーっと時間を過ごすのが嫌いで、この時間でこれをした、この時間でこれを作った、と納得のいく「あかし」のようなものを残したかった。それで、子育て中も寸暇を惜しんで編み物をしたり洋裁をしたりした(作り始めると夢中になりすぎてしまうた…

花の色は移りにけりな

1か月ほど前に、庭に植えて忘れていたピンクのカラーが花をつけたことを書いた。その時の花は確かにピンクだったし、最初に鉢植えでもらった花もピンクだった。 ところが、いつの間にか花の色が変わって、深い赤色の花をたくさんつけるようになった。おとと…

どら絵さんの「猫はえらい展」と投票しよう!の話

朝”言い出しっぺ”から「今日猫の絵を描く人の作品展を何人かで見に行くけど、行きませんか」とのお誘いの電話があった。以前聞いた時から見たいと思っていたので、二つ返事でピックアップをお願いした。 素敵な案内葉書。 どら絵さんは”言い出しっぺ”の仕事…

晴れパンをいただきました

評判の高級食パンらしい。近所の方から「晴れ時々パン」略してハレパンをいただいた。 パン屋さんのホームページから お店は11時オープンで、いただいたのは11時半頃。ビニル袋の内側にはちょっぴり水滴が付き、まだほんのりあたたかい。すぐにお昼だけれど…

昨日のエントリの訂正と教育現場の改革

第一日曜日の今日は我が住宅の一斉清掃日。私の組の組長さんは更生保護女性会(社会を明るくする運動の推進団体の一つ)の仕事に割り振られているので、「昨日の講演会は、椅子を増設するほどの盛況で良かったですね」と声をかけた。 その方の話では、昨日の…

県警防犯活動チームの防犯劇を見る

7月は”社会を明るくする運動”月間で、この地域では毎年この時期に関係団体の共催で講演会が催される。今年は愛知県警の防犯活動専門チーム「のぞみ」の方々が来て、防犯教室をしてくださるという案内だった。 先日の朝のあいさつ運動もこの講演会も、各団体…

牽牛と織女のデートより女同士のタイ料理ランチ

国際協力コスモス会の金曜日。毎年この時期は「七夕」の紹介と笹飾り作りをする。今日も簡単な七夕についての解説や紙芝居、笹飾り用の笹や飾り物などを準備したが、残念ながら外国の方の参加はなく、折り紙で飾りを作るなどしながら、定刻までお喋りをして…

オールマイティはオールマイティじゃなかった・・・

今朝は恐ろしいほどの雨が降っていた。大雨警報も出ていて、今日の日本語教室はお休みになるかもしれないと思ったが、9時頃には小やみになり、無事に教室も開くことができた。 このところ学習者が少なく、1クラスかせいぜい2クラスで済んでしまっていたの…

去年の足取り重かった子はどうしたかな?

今年もあいさつ運動の日を迎えた。民生委員として、また見守り活動のメンバーとして、参加する。去年の記録を読むと、お天気の具合も、やはり梅雨のさなかということもあってか、ちょうど似たようなもの。今日はいくぶん晴れ間がのぞいて、雨より日焼けを心…

改めて舌を巻く安達祐実さんの力『100分で名著』

6月の『100分で名著』は「アルプスの少女ハイジ」だった。テレビ放映されたアニメは見ていないけれど、子供のころ本で読んだような気もするし、なじみ深い児童書だと思っていたが、アニメには描かれなかった暗い一面も含んだ、なかなか深い物語なのだそうだ…

一日遅れの和菓子「水無月」

出かけることを極力減らしたい私は、食料品の買い出しもなるべくまとめ買いだ。一時期朝食をシリアルにしていた時はよかったが、今はまたパン食に戻っているので、食パンばかりは買いだめもできず、しばしば買いに出なければならない。 今日はそんな食パン補…

セロリ生姜ピクルスとお煎茶

先日のきのこジュレに続いて、一緒にもらった「セロリ生姜ピクルス」を食べてみた。 きのこの和風パスタと。四角いお皿がセロリ生姜ピクルス。セロリの香りがとても強いので、セロリ好きな人に。サラダのトッピングくらいにして使った方が食べやすいかもしれ…

ストレスやゲートキーパーについて学ぶ

市全体の老人会の女性部長の研修会があり参加した。うちの校区の女性部長をずっとしてくれていた方が、去年から体調を崩したご主人の介護のため務められなくなったとのことで、今年から私にお鉢が回ってきてしまった。うちの老人会はまだできてから日が浅い…

小さな隣人からのねぎらい

今日も小学生の見守り当番を終え帰宅した。ちょうど我が家の2階に住むフィリピン人の2年生の女の子が帰ってきたので、「お帰り」と声をかけた。するとその子がニッコリして、「お疲れさま」と言ってくれた。 その子は見守り当番が立つ場所を通らないで帰宅…

一年生にもらった小さな小さな花

今週は小学生の見守りの当番にあたっている。相棒は86歳の男性で、初日の月曜日はうっかり失念なさったようで、いらっしゃらなかった。 その日私が一人で黄色い旗を持って立っていたら、横断歩道を渡ろうとする男の子が、「もう一人のおばあちゃんはどうした…

誰の立場で読みますか『私が誰かわかりますか』谷川直子著

人は誰も老いる。いくらお金があっても、どんなに強大な権力を握っても。そして最後まで尊厳が守られるかどうかも、わからない。その「老い」の周辺でオロオロするさまざまな立場の人間たち。配偶者・息子・娘・嫁・親戚・・・。 物語の中心となるのは、再婚し…

ちょっと酸っぱい夏ミカンのゼリーとシロさんのエプロン

家庭菜園をなさっている方から、「酸っぱいですけど・・・」と夏ミカンをいただいた。近頃は市販の野菜果物類はみな必要以上に甘い品種が多くなっているので、確かに懐かしい酸味だった。私が子供のころ、夏ミカンはお砂糖をかけて食べるものだったと思い出す。…

自習室talkの映画会へ

昨年春、当ブログをお読みいただいている方々からもご協力いただいて、4月にスタートした「自習室&カフェtalk」。 yonnbaba.hatenablog.com 子供たちの自習室としての経費をカフェの収入で賄って、なるべく子供たちには負担をかけない運営を目指したのだけ…

暮らしに花を、緑を、コスモス会の生け花講習

今週のコスモス会は「生け花」。インドネシアのLさんと、アメリカから一時帰国中のAさんが参加してくれたので、かろうじて国際的になった。 このところ参加者が少ないので花材が無駄にならないよう、購入するのはごく少量にして、メンバーのOさんがお庭の…

信州きのこジュレを食す

ゴールデンウイークに帰省した長男夫婦が、手土産の一つで持ってきてくれた「ピクルス 信州きのこジュレ」。よくあるジャムの瓶ほどのものだが、希少な黒アワビだけが入っているとかで、これひとつがちょっと贅沢なランチくらいの値段らしい(彼らがそう言っ…

懐かしい街へ

今、新横浜からの新幹線の中にいる。一昨年の病気以来、すっかり気弱になって豊橋に足を向けることができなくなってしまった姉の顔を見るため、私の方から出向くことにしたのだ。朝8時に家を出て、11時過ぎ姉の家に到着。お昼をはさんで夕方5時半まで、1年何…

可愛い猫柄の袋を入手

墓参に出かけ、帰りは豊橋駅に寄って用事を足す。2、3年前はスタンディングのため週に何度も通っていた駅前。そしてその度にというくらい、しばしば利用していたパン屋さんのイートインで久々にランチにする。サンドイッチも甘いパンも、相変わらずおいし…

京のみやびと茶道を堪能『雨にも負けず粗茶一服』松村栄子著

面白いと思ったらやはり人気があるようで、シリーズ化されているようだ。 『至高聖所』で芥川賞を受賞したという著者(寡聞にして存じ上げず)の、青春エンターテインメント小説で、楽しくスイスイ読めてしまう。花嫁修業(死語!)でほんの少し習っただけの…

『居眠り磐音』の「イワネ」のアクセント

何週間か前に書きかけて下書きフォルダに入れておいて、忘れてしまっていた記事。少々時機を逸してしまったかもしれないが、せっかくなのでアップする。 ***** smoky(id:beatle001)さんのブログ「『居眠り磐音』を見にいく」を読んで思い出した。確か以…

大勢の参加があるとやっぱり楽しい!

いつもはゴールデンウイーク明けに行っている日本語教室のポットラックパーティーだが、今年は都合で一か月ほど繰り下げ、きょう開催した。 春に祖国のトルコで挙式し、ゴールデンウイークにご主人のインドネシアに行ってインドネシア式のお式を挙げたTさん…

お口の中もリフォーム時期?インビザラインに挑戦

4月に、いつも通りの3か月目のメンテナンスのため歯科に行った。そうしていつも通りのクリーニングのあと、力を入れすぎる歯磨きのために根元のえぐれた歯の修復をしていただいた。左下3本、右下2本、左上と右上1本ずつの、計7本。 直さなくては・・・と…