よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

陽気に誘われウオーキング

昨日は雨だったので、翌日の食パンがないにもかかわらず、一日中家から出ずに過ごした。今日は晴れたし上着もいらないくらい暖かい。早速午前中に買い物に出かけ、朝食べられなかったパンで昼食にする。太るからと思って一時期朝食のパンをやめていたが、なんだか近頃、若いころ以上にパンが好きになってしまい、ご飯はやめられても、パンはとうていやめられない。

 

日本語教室も休みになってしまって、会場であるアイプラザに行く機会がない。その施設の前が以前紹介した松根油の松林のある公園で、公園とアイプラザの間を通る道路は桜並木になっている。東京では開花宣言があったというが、ここの桜はどれくらいだろうと思い、午後からウオーキングを兼ねて開花具合を見に行った。

 

まだまだ蕾は固かった。でも数日暖かい日があると一気にほころんでしまうので、桜は気が抜けない。今年は桜が開花しても、その下の風景はずいぶん違ったものになることだろう。

 

帰り道は通ったことのないルートをと思い初めての道を進むと、途中に「車両は通り抜けできません」という表示があった。歩きなのだから、これは通らずにはいられない、とそのまま進んだ。その先の区画にはさらにまた細い道が続いていた。このあたりはずいぶん歩いているのに、こんな細い道があるとは全然知らなかった。

 

f:id:yonnbaba:20200315200316j:plain

舗装の色の黒いところから急に道幅が狭くなり、しかも上り坂になっている。このあたりはほとんど平坦なところなので、坂にもビックリ。

 

f:id:yonnbaba:20200315200718j:plain

そのさきのブロックにもあった車の通れない細い道。面白がって歩いているうち、方向音痴の私の方向感覚はすっかり狂い、どちらに向かうべきか分からなくなったが、このあたりはしばらく歩けば必ず見覚えのある場所に出るので大丈夫だ。

 

 

f:id:yonnbaba:20200315201210j:plain

細い道の途中に咲いていた斑入りの椿。