よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

社会のこと

夏のイベントのチラシが遂に完成!

またまた”言い出しっぺ”の発案で、昨年から企画を練り上げてきた新しいイベントは、分かりにくいとの意見も多く出て、一時はもうこの企画はだめかなと思うこともあったが、なんとか完成品のチラシができがった。スタンディングの活動から派生して、いまや絵…

スタンディングに思わぬ差し入れ

木曜日のスタンディングは9人の参加だった。昨日は休みで、土曜日の今日は午後4時からだったが、参加は10人でほとんど増えなかった。曜日に関係なく初めのころのまま、毎日6時に立つ人が何人かいて、木曜日はその人たちも入れての9人なので、今日も時間が…

少年と特攻兵の交流『青空に飛ぶ』鴻上尚史著

父親の転勤で、小学校高学年の何年かをアメリカで過ごした少年友人(ともひと)が主人公だ。日本では帰国子女はいじめに遭いやすいと聞き身構えて日本での中学生生活を始めるが、友人は幸いにもそうならなかった。というのも、友人が中一の2学期に編入学し…

空しい虚しい証人喚問

昨日は出かけたので証人喚問の中継は見られなかったが、家にいたとしても、視聴に耐えられず、途中でスイッチを切っていただろう。ニュースで報じられたその映像は、予想していた展開ではあるが、あまりにひどいやりとりで、国民が馬鹿にされている気がした。…

名駅で迷子

個人的な用事で名古屋に出かけた。約束の時間は12時だけれど、少々気の張る用件なので万一にも遅れることのないよう、10時には家を出た。 その甲斐あって、11時40分には名古屋駅に到着。約束のお店はホームページで「名駅から徒歩5分」となっていたし、駅か…

およそ一年ぶりの集会&パレード参加とNちゃんのサクラサク

2015年の9月19日に安保法案が国会を通過して以来、豊橋ではずっと毎月19日に「安保法制に反対する集会&パレード」が行われている。スタンディングを含む4つの団体共催だったが、あまりに既存団体のカラーが強く、ソフト路線を提案してもまるで受け入れられ…

素人歌舞伎見物と今日のスタンディング

4年前、私も出演させていただいた豊橋素人歌舞伎保存会の定期公演を鑑賞した。 (出演したときの、リハーサル日のエントリ リハーサル - よんばば つれづれ ) (公演を振り返ってのエントリ 歌舞伎を振り返って - よんばば つれづれ ) 公演は午前11時に始…

心の洗濯『なつかしい時間』長田弘著

さすが『詩ふたつ』の詩人の本・・・と深く感じた。 yonnbaba.hatenablog.com 著者がNHKテレビの「視点・論点」で、17年間48回にわたって放映のために書いた原稿に、新たに三篇を加えてまとめた文章だ。 1995年5月の「国境を越える言葉」に始まって、「会話と…

叫ぶスタンディング

今日もスタンディング。残念ながら今日は20人弱の参加だった。 ”言い出しっぺ”の群読プラカードが来るまで、自作の「首相、ウソを認めて退陣を!」のプラカードを掲げて立っていたら、通りがかった上品な熟年の夫人が「私もそう思います」と声をかけてくださ…

連帯のスタンディング

今日から日曜日まで、豊橋では毎日駅前スタンディングを行う。平日は夕方6時から、土日は4時からだ。東京の人たちは日曜日からずっと頑張ってくれている。大阪でも抗議の集会があったようだ。 きっと今、日本中のあちこちに、こうした抗議の行動を起こして…

3・11追悼集会と駅前スタンディング

震災の翌年から毎年行われているこの「つながろう福島 なくそう原発」3・11追悼 東三河市民のつどいも、今年で7回目だ。こういう活動がいらなくなる日は、いつ来るのだろう。 14時の黙祷のところから参加した。120~130人くらい集まっていたが、やはり参加…

あなたたちの沈黙が僕らを殺す・・・

そのシリアの少年は言った 「あなたたちの沈黙が僕らを殺すのです」 私は声を上げたい ほそいささやきにしかならないかも知れないけれど 世界中を平和にするため 政治家たちは話し合おうよと 争いで太るものたちを 大人たちは糾弾しようよと 少年の動画を紹…

方向音痴神話にあわや新たな1ページ!?

先日ご紹介したクラウドファンディングで子供たちの自習室カフェの開設を目指している友人が、先週の土曜日と今日の2回、「サビ取りお助け隊」を募集した。もともと友人のお父さんが会計事務所をしていた建物を利用して自習室をするため、DIYの好きな友…

久しぶりのスタンディング

今日はほかの予定で参加できないと思っていたスタンディングの交流会(ミーティング)だったが、その予定が流れてしまったので急遽参加することにした。午後1時半からだけれど、どうせなら30分早く行って、久しぶりに1時からの「安倍政治を許さない」のス…

友人のクラウドファンディングにご協力ください!

スタンディングで出会い、ママの会@三河でも一緒に活動している仲間が、空き家になった実家の建物を利用して、子供たちを応援する無料塾を始める準備を進めています。もちろん自己資金も投入しているけれど、それでも不足する資金を集めるため、クラウドフ…

今年も小学一年生と遊ぶ

地区の小学校の「お年寄りと昔の遊びを楽しむ」授業に、今年も参加した。うちの老人会は、去年と同じおはじき担当で3人。その中の一人が先週末になって仕事が入ってしまって参加できなくなったと言うので、急遽何人かに連絡してやっと代わりに手伝ってくれ…

おっ、お片づけセラピスト?!

「お片づけセラピスト」なる言葉があり、資格があり、職業があることを知った。非常に驚いて、調べてみたら「一般社団法人 日本お片づけセラピスト協会」という団体があった。ここがかってに自主的に養成講座をし、かってに自主的に資格を認定しているらしい…

今年も始まりました、豊橋スタンディング+

昨日の3日から、駅前でのスタンディングが始まった。 毎月3日は、安保関連法が成立したのを受けて作家の澤地久枝さんが始められた「安倍政治を許さない」の抗議行動の日だ。開始当初はまだしも、この文言もあの統一プラカードの字面も、少々印象がきつすぎ…

今年最後のスタンディング

今日は今年最後のスタンディング、10名の参加だった(私は都合で終了数分前にかろうじて到着し、写真だけ撮影)。 写っていないけれど、手前で署名などの呼びかけをしているメンバーが3人いた。 4時から30分のスタンディングをして、そのあと都合のつく8…

贈れること贈られることに感謝!

今夜はクリスマス・イブ。クリスマスと言えばいろいろな絵本や童話が浮かぶけれど、やはり真っ先にイメージするのは『マッチ売りの少女』だ。お話の当日は大晦日だったと思うが、たしか、マッチを擦った少女が見たのが、暖かで幸せそうなクリスマスの家庭の…

NHK前でスタンディング「国民の知る権利にこたえて」と『陸王』ロケ

昨日までの真冬の寒さが少し和らいだ今日、スタンディングの仲間とNHKの前でアピールした。プラカードは前回の交流会で決めた「国民の知る権利にこたえて」と「受信料の強制は許さない!」の2種類を用意したが、自分で思いを書いてきた参加者もいた。 フ…

冷えっ冷えの歳末助け合い運動

民生委員で歳末助け合い運動の街頭募金に立った。私は赤い羽根の時に立ったので、今回は立たなくてよかったのだけれど、家庭の事情で参加できない人ができたので、代わりにお受けした。 今日は全国的に寒さが厳しく、朝の天気予報で名古屋は最高気温7度との…

二度目の鍼治療と大福もちと津軽からの電話

初めての鍼治療が大変な体験になったことを先日書いた。それでも、効果はとても感じたので、今日二度目の鍼治療を受けた。今回は鍼の抜き忘れもなく無事終了。 なんといっても家から近くて便利。これからさらに年を取っていくことを考えれば、やはりここの先…

土曜4時のスタンディング、歌とともに。

明るいうちにと、土曜日の4時という時間帯に移動した駅前スタンディング。今日はその2回目だった。ギターと歌のMさんが参加してくれたので、タンバリンを鳴らしながら和する人もいて、にぎやかに行うことができた。土曜日の通行人は、まだスタンディング…

一つの活動の終焉

今年の一月にこのブログでも報告した、民主主義に基づく新しい政治を求めて発足した活動が、事実上終わることになった。実際は、野党共闘が崩れたこの間の衆院選の前から、すでに活動は止まっていた。 昨日事務局のメンバーが集まって今後について話し合い、…

土曜日のスタンディングと20年ぶりの電話

毎日していたスタンディングを、去年の参院選のあとからは基本週に一回金曜日ということにした。もちろん相変わらず毎日する人もいた。それを、この間の交流会で「日も短いし、もう少し時間を早めて4時からということにし、曜日も土曜日にしてみよう」とい…

樹齢150年のあすなろも問題だけど、国会は?

この半月ほどまともにニュース番組を見ていないのだけれど、毎週金曜の更新を楽しみに読んでいる小田嶋隆さんの『ア・ピース・オブ警句』によれば、小田嶋さんも同じ状態のようだ。それでもやっぱり小田嶋さんは完全無視することができず、今週とうとう大相…

著作権侵害訴訟最終通知書なるもの

本日「著作権侵害訴訟最終通知書」なるものが届いた。 今までブログ仲間の方が、著作権のことではてなから削除要請が来た(だったかな?)というようなことを書いていらっしゃるのを時々目にした。幸い私はそういうことも体験していないし、第一、突然届いて…

今年も年に一度の防災訓練と突然のめまい

11月の最終日曜日は我が校区の防災訓練の日なのだそうだ。去年、初めてのHUG(避難所運営ゲーム)をしたことをブログで紹介した記憶があるが、それからはや1年ということだ。今年も参加してほしいということで、朝から小学校の体育館へ。 幸い穏やかな良い…

考え直してもいいこと

今日の東京新聞(中日新聞)のコラムは赤い羽根についてだった。 「赤い羽根」の共同募金運動が始まったのは、七十年前のきょう十一月二十五日のことだ。もっとも最初の年に募金した人に配られたのは、稲穂をデザインした金属製バッジ。「赤い羽根」が登場し…