よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

このへんでわたくしも・・・

楽しみに訪問しているブログの皆様が、次々に年末のご挨拶を告げられている。正月の客のない私は特別に忙しくもないのだが、取り残されて行くようで寂しく、皆様に倣ってそろそろ今年の更新は終わろうかと思う。大晦日と元日くらいネットから離れてみるのも一興かもしれない。

 

長兄を送ったり、生まれて初めての入院・手術というものを経験した去年に比べると、幸いなことに今年は個人的には平穏に過ぎたようで、孫の吹奏楽部が東海大会に進出できて、思いがけず長男夫婦と浜松まで演奏を聴きに行けたことや、相模原の姉を連絡なしに訪問してびっくりさせたことくらいで、大きなトピックもない。

 

そのほかで今年一番大きなできごとは、11月に開催した「チャリティー・アート展」だろうか。スタンディングを始めてからずいぶんさまざまなイベントをしてきたが、この企画はたっぷり半年かけた取り組みとなり、今まででは最も多分野にわたる活動となった。

 

そういえば、今朝”言い出しっぺ”から、「昨日のNHKスペシャル『永田町権力の興亡』が政権の宣伝のようなひどい内容だったらしい。抗議の電話を」という一斉メールが届いた。残念ながら私は見なかったので抗議はできない旨を返信すると、「政権のためのNHKでなく、国民のNHKに、と言うだけでも・・・」と返事をもらい、それならできると思い、電話をした。これを今年最後の「活動」とする。

 

これから紅白やらお正月の喧騒・狂騒に明け暮れて、はたして来年はどんな世の中が展開するのだろう。お屠蘇気分が抜ければ、おそらく次にはいよいよオリンピック狂騒曲が鳴り響き、多くの人はそれに飲み込まれていってしまうことだろう。

日本はどこへ漂流していくのか・・・。

私たちはそれを止められるのだろうか?

 

 

今年もネット上から猫さまたちの画像をお借りして、年末のご挨拶と致したい。

つたないブログにお付き合いくださり、まことにありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

皆様良いお年をお迎えくださいませ。

 

f:id:yonnbaba:20191230153112j:plain

お正月、やっぱり鏡もちになっちゃう猫達の動画像! | ねこトピ