よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

桜のスケッチと胃もたれ

毎回声を掛けてもらいながら、都合が悪くて参加できなかった”言い出しっぺ”のスケッチの会だが、今回は都合がついたので参加した。前回はいつだったろうとブログ内検索してみたら、なんと昨年の5月だった。

yonnbaba.hatenablog.com

 

今日のテーマは「桜を描く」で、先日開花の状況を見がてらウオーキングしたアイプラザ前の桜並木が予定されていたが、あいにく今日は冷たい風が吹いていてとてもスケッチどころではなさそうだった。建物の裏側の駐車場のほうはあまり風が来ないようだったので、急遽駐車場周辺の桜に変更された。

 

f:id:yonnbaba:20190403201449j:plain

 

何か月もずっとスケジュールが合わなくて参加していなかったので、今回はやっと仲間入りできると二つ返事で参加を決めてしまったけれど、私は昔から風景画は苦手だ。描く前から不安だったが、案の定というか、案じた以上とさえ言えるひどいできばえだった。

 

f:id:yonnbaba:20190403201952j:plain

スケッチする”言い出しっぺ”。後方の木の所にいる男性も参加者。あと女性が二人で、今回は5人の参加だった。”言い出しっぺ”は来週9日から市内の「ギャラリー茶房 田園」で作品展を開くので、今日いいものが描けたら加えようかと思っていたそうだが、不本意な出来に終わったらしい。いちおう「生徒」(ロハで楽しむだけの生徒だが)の面倒も見なくてはならないので、自分の作品に集中できなかったことと思う。

(わざとロハという言葉を使ってみたが、みなさんご存じだろうか。今はまず耳にしなくなってしまったけれど、「只」という字を分解して「ロハ」つまり無料ということ。大正2年生まれの父がよく口にした言葉)

 

1時間ほどでスケッチは終了にして、目の前にあるカフェレストラン「アンプレシオン」でお茶にしようということになった。私は午後はもうカフェインはダメなので、カモミールティーに。そしてこのパン屋さんの人気パンの一つであるクローネが、ドリンク代だけで付いてくるという「クローネセット」を全員が選んだ。

 

クローネはとっても美味しかったのだけれど、帰宅するとなんだか胃が重い。家にいても3時には必ずおやつにしているのに、カスタードクリームたっぷりのクローネが、少々負担になったようだ。珍しく夕飯も食べる気になれず、つくづく若い時の調子で食べては無理なのだということを思い知った。

 

明日はまた、友人とフレンチレストランでのランチの約束が入っているのだけれど、一晩寝たら胃は回復してくれるだろうか。