よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

インビザラインの到達点が見えた

昨日歯科受診して、マウスピースの最後の3組を受け取った。まだ一週間ずつ、三週間装着しなければならないが、それでもこれで、やっと歯列矯正のゴールが明らかになったのだ。

 

一番初めのものと比較すると、その違いはくっきり!

f:id:yonnbaba:20191017141136j:plain
f:id:yonnbaba:20191017141145j:plain
左が上の歯、右が下の歯

    

(歯の表面のところどころの突起は、ずれないようにするためのもの。歯のほうにも突起をつける)

 

少々恥ずかしい画像であるが、自分用の記録の意味も込めて公開する。上段が15のうちの1で、下段が再来週装着する最終段階のものだ。上下とも真ん中の2本が飛び出していた歯列の表面が、きれいに並んでいる。

 

横向きに近い生え方だったものは斜めくらいまで改善し、内側に倒れこんでいたものもちゃんと列に並んで、Uの字がきれいに描かれている。歯列表面の凹凸が改善されるのは分かるとしても、不思議なのは水平ラインまで改善されていることだ。

 

手入れが面倒だし、飲食が制限されるし、装着感もかなりある。天使が店内を覗いているカフェで若い友人とお茶をしたのが、このインビザラインが始まって間もないころだったので、そう思うとこの3か月はずいぶん長かった気がする。

yonnbaba.hatenablog.com

 

近頃は1年でさえあっという間に感じるのだから、やはりマウスピース装着のこの期間は、結構苦労だったのだろう。いや、こんなことで苦労などと言っていたら罰が当たりそうではあるのだけれども・・・。

 

まだ完全に終了するのは来月に入ってからになるが、それでも、この3週間後の到達点の姿を見れば、お金をかけた甲斐も面倒や不快を忍んだ甲斐もあったと感じる。

 

この歯で今後20年咀嚼し続けたら、また相当動いてかみ合わせが悪くなるのだろうが、その頃はもう90歳が目前。少々凸凹ガタガタしていようが、騒ぐこともあるまい。