よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

東海地方激しい雨、ダムは潤ったかな?

先日の松本旅行から戻ったとき、郵便受けにたまった郵便物やチラシの中に、やっと行政からの節水の呼びかけチラシを見つけた。もっと早く配られても良かったと思うが。もっとも、普段から無駄な水は使わないよう気を付けている我が家では、ほとんど新たに始める節水法はない。

 

f:id:yonnbaba:20190607153603j:plain

たくさん押し込まれていたため、ちょっとクシャクシャ

 

 

午前も午後も民生委員の会議が入っている今日、東海地方はかなり激しい雨が降ったが、はたしてダムの上流ではどうだろう。夏に向けて、少しでもダムが潤っているといいのだけれど。

 

午前は徒歩2、3分の小学校だからたとえ雨でもそれほど気にならないが、午後の中学校は歩けば30分近くかかる。しかも半分ほどは畑の中の吹きさらしの道で、今日のように風を伴う雨の日は、傘をさしてもずぶぬれになりかねない。タクシーで行くつもりでいたのだが、午前の小学校の会議で、やはり車を使わない先輩のメンバーが、車使用の方に頼んでくれて、拾っていただけることになった。

 

雨が降らなければ命の綱である水に困るのだから、雨の日を嫌ってはいけないと思うけれども、やっぱり出かけるときに雨というのは気が重いものである。雨でも風でも、生徒たちは畑の中の吹きさらしの道を通うのだけれど・・・。

 

さて、コスモス会のある金曜日。今日はプロの着付けの先生にお願いしての、ゆかたの着付け教室だった。私はこの民生委員の用事で欠席してしまったが、お天気もあいにくな中、はたしてどれくらい参加者があっただろうか。このところの寂しい集まり具合を考えると心もとない。ラマダンも明けたことだし、そろそろインドネシアの方たちが戻って来てくれることを期待したい。

 

 

f:id:yonnbaba:20110508112312j:plain

               庭に咲いたピンクのカラーはこれ ↑(8年前の猫たち)