よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

報道の自由を守るキャンペーンとレッドカード運動

SPYBOY(id:SPYBOY)さんが、昨日の拙ブログへのコメントでもお知らせくださっていますが、「東京望月衣塑子記者など特定の記者の質問を制限する言論統制をしないで下さい」というキャンペーンは、現在署名者数16,000人を超えさらに25,000人を目指してウェブ上で展開中です。賛同がまだという方はぜひ!(このキャンペーンを呼びかけたのが中学生だそうで、ネット上でただ理屈をこねているだけの大人は大いに恥じねばなりません)

***** 

 

「じじばばの会」で始めたのはこれとは別で、リアルの葉書を使ったキャンペーンだ。一昨年国会で証言した前川喜平氏や、レイプ事件で実名で声を上げた詩織さんたちにいわれのないバッシングが集中したとき、私たちは応援葉書を街頭で集めて送る活動をした。そうして、詩織さんや望月さんに思いがけなくたいへん喜んでいただき、ネット時代の今、リアルの葉書というものに案外力があるのかも知れないと感じた。それで、今回また!ということになった。

 

yonnbaba.hatenablog.com

 

 

そして、昨日これとは別に「レッドカード運動」のことでお知恵を拝借したい旨を書いた(レッドカードの対象は、もちろん不正・圧力などなんでもありの現政権)。そうしたら、ワット(id:watto)さんがブックマークコメントで面白い提案をしてくださった。

 

「ブロガーやツイッタラーが、自分のブログやツイートに画像をアップしてから一斉投函、なんてどうですかね。誰か音頭をとって期日を決めてくれたら参加しますよ。」というもの。『天空の城ラピュタ』の「バルス!」現象みたい(こちらでシンクロするのは「ポストに投函する」というリアルでの行動だが)になったら面白い。投函している画像を一斉にアップする、なんてこともありかも知れない。

 

早速”言い出しっぺ”に知らせ、やってみようということになった。これがうまく拡散すれば、あまり宛先に頭を悩ますこともないかということで、最初の案通りシンプルに首相官邸あてということにして、今日葉書の印刷を発注した。葉書を手渡しできない遠方の方には、画像を参考にしてそれぞれ手作りしてもらってご参加いただくことになる。

 

f:id:yonnbaba:20190220073859j:plain

 

こんな感じに仕上がる予定(納品は5日後)だけれど、手作りの場合は、色画用紙などの赤い厚紙を葉書大に裁断し、そこにそれぞれの文言を書いてもよいと思う(宛名を書く面には「POST CARD」の表示が必要)。葉書作成の時間や準備期間を見て、今のところ3月12日(「アー・ベー」・セー・デイをもじって)が候補に挙がって3月下旬を考えているが、正式な決定はもう少しお待ちいただきたい。

追記:またしてもオッチョコチョイ。上の取り消し線部分、お読みになって、???だったことと思う。”言い出しっぺ”に「アーベーセーデイ、安倍の日をもじって12日は?」と言われ、アー・ベー・セーを1・2・3・と思い込んでしまった(汗)。