読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

花散らしの春の嵐

冬の交通安全で12月に通学路に立った時は、雨の少ない季節だったこともあってか、天気の悪い日は一日もなかった。

 

yonnbaba.hatenablog.com

 

ところが今回はまだ青空の日がない。木曜日の入学式はまあまあだったが、そのあとは今にも雨の落ちそうな日や、まさに「春雨じゃ・・・」と言えそうな霧雨の降る日と続き、とうとう今朝は、傘もさすのも大変な、春の嵐のような天候になった。

 

親と離れ、通学団のお兄さんやお姉さんと登校するようになった途端、新一年生には試練の通学だ。心配なのか、車で送ってくる親御さんもいた。

 

大人の私でも傘をさすと飛ばされそうで、コートのフードを出してかぶり傘は畳んだ。途中から雨が少し強まってきたが、なんとかあまりひどくなる前に終了できたのは幸いだった。でも、今朝の風は強いだけでなく結構冷たくて、初めて子供たちの登校の列が途切れるまでが少々長く感じた。

 

今朝はまだ校門のところの桜がみごとに花をつけていたけれど、この雨と風でだいぶ散らされてしまうことだろう。今日は予定も入っていないし、花見を兼ねてお墓参りに行こうかしらと考えていたのだけれど、この天候では家にこもって本でも読んで過ごすことにする。霊園に隣接する公園の桜は、葉桜になってしまうだろうけれど・・・。

 

 

f:id:yonnbaba:20170411111147j:plain

ということで、桜の写真はなく、花より団子、湯谷温泉の五平餅。