読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

今年もバラの庭へ

暮らし

国際協力「コスモス会」で今年も老津町のバラの庭を見せていただきに行った。

 

去年の記事

yonnbaba.hatenablog.com

 

去年は5月15日に行っているので、今年の方が2日ばかり早いのだけれど、今年はそろそろ花は終盤という感じだった。やはり今年はどの花も咲くのが少し早いようだ。

 

普段のコスモス会の集まりよりずいぶん参加者が多かった。メンバーの友人などもいらしたようだ。なにしろ普通の個人宅のお庭なので、紹介者などがいて承諾していただかないと見るわけにいかない。この機会に一緒に参加すれば見られるので、友人などに声を掛けたのだろう。チビちゃんたちを入れると20人を超えていたようだ。

 

 

f:id:yonnbaba:20160513210355j:plain

お庭の前は車がビュンビュン通る一般道

 

f:id:yonnbaba:20160513210501j:plain

一歩中に踏み込むと、夢の国

 

f:id:yonnbaba:20160513210743j:plain

去年はなかった珍しい色のアイリス?

 

f:id:yonnbaba:20160513210901j:plain

 

f:id:yonnbaba:20160513211001j:plain

庭を作っているオジサン(失礼!)、センス素敵すぎです

 

f:id:yonnbaba:20160513211258j:plain

 

f:id:yonnbaba:20160513211450j:plain

アーチの向こうには「現実」が広がります

 

天気にも恵まれ、優雅なひとときを楽しんだ。この庭は今までに、ほとんどの園芸雑誌に紹介されたようだ。豊橋市が行う美しい庭の見学ツアーなどでもいつもコースに入るようで、地元ではかなり有名。

 

 

高額な報酬をもらいながら、家族で食事しても、領収書をもらって会計係が間違えるようなところに提出してしまう無粋な人もいれば、これほど素敵な庭を丹精しながら、商売にしないであくまでも趣味にとどめている粋なオジサンもいる。人の価値観や生き方は実にさまざま・・・。