よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

スピーチクラス”買い物について”

今日は英会話の日、いつものように教会に行くとテーブルの並べ方が違っていて、大きくコの字型に並べた真ん中にはりっぱなお花まで活けられています。正面にスピーチ用の小さな台とマイクがあり、なんだかすっかり本格的な弁論大会の雰囲気です。より緊張した雰囲気でできるようにということだそうです。

今回のテーマは買い物についてでした。先生の例文が日常の食料品の買い出しについてだったせいもあってか、大半の人が食品の買物についてでした。どこの店に誰と行くか、週に何回行くかなどといったことを話しました。去年の11月に生まれた3人目の赤ちゃんを連れて来ているKさんはご主人が大型バイクを買った話をなさいました。子どもが増えたのに自分勝手な買い物をしてKさんはとても腹をたて、ご主人にお詫びとしてトリニティリングを買ってもらったそうです(3つのリングは3人のお子さんの象徴とか)。Kさんがスピーチをする間赤ちゃんは私が抱っこしていたのですが、ママの声が子守歌に聞こえたのか、私の腕の中で彼女はスヤスヤ眠ってしまいました。

私は食料品は家の近くのスーパーで買うけれど、その他の物はほとんどインターネットショッピングを利用することを話しました。ネットショッピングは驚くほどの速さで、しかもたいていの場合配送料もかからず家の玄関まで届いてとても便利です。若いころはウインドウショッピングが好きで、洋服やアクセサリー、室内装飾品や雑貨などをよく見て歩いたけれど、年を取って疲れやすくなったし、私の住んでいる街も近ごろの地方都市のよくある例で、中心市街地は「シャッター通り化」や「オール居酒屋化」が進み、ウインドウショッピングを楽しむようなお店がほとんどなくなってしまい、街を歩くことはしなくなってしまいました。

安くて便利なインターネットショップと運送会社に感謝するとともに、運転手さんの労働が正当に評価されることを願っていること。最近アマゾンが発表したロボットによる無人配達の話をし、未来の買物はどんな形になるでしょう、私はとても楽しみですという話で締めくくりました。

意外なことにアマゾンの無人配送について誰も知らなくて、たいそう驚かれました。そしてネットでクレジットカードを使うことが心配で利用したことがないという方も結構いました。みなさん車があるのでそれほどネットショッピングを必要としないのでしょうか。車を持たない私には、重いものでもかさばるものでも玄関まで運んでくれる通信販売はとても便利。しかも昔はいちいち受付時間内に電話しなければいけなかったのに、いまは真夜中でも注文でき、翌日か翌々日には届いてしまうのです。本当に便利になりました。

でもトラックはCО2をまき散らして走ることや、大手通販会社が運送会社に配送料の値下げをさせて結局末端の労働者を苦しめがちなことなどは頭の隅にひっかかっています。今日のクローズアップ現代でブラックなグローバル企業の問題を取り上げていましたが、どこの国の労働者も安全と正当な報酬が保障される世界であってほしいものです。