よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

電話機を買い換えました

長男が就職活動をしていた十数年前、企業側から連絡の電話が入った時に留守だとまずいから留守録機能のある電話機にしてほしいというので、今の電話機を買いました。ついでにファックスもついていて、ハンドスキャナまでついているのにしました。これで簡単なコピーやスキャンが家でできる!と息子たちも私もとても嬉しかったものです。

でも、あの頃あんなに先進機能と思ったものが、殆ど必要なくなってしまいました。そもそも固定電話自体あまり使わないけど、体裁のためにいちおう備えているという家庭も多いでしょう。私は携帯電話を持っていないので固定電話は必需品ですが、でもファックスはもうここ何年も使っていなくて、たまにコピーとして使おうと思っても、インクフィルムが劣化してしまって全く印刷できないありさまです。場所ふさぎな大きい電話機を早く買い換えたいなと思っていたら、カレンダー機能が故障してしまい、留守録の日付や時間がめちゃくちゃで用をなさなくなったので、めでたくこの度小さくて可愛い電話機に変えました。

それにしても十数年で隔世の感ですね。今や就職活動いわゆる就活は携帯電話なしには成り立たないし、企業との連絡のやり取りも圧倒的に電話よりメールでしょうね。

ブルーかグリーンが良かったんだけどね。