よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

武士なのに弱い笙之介がステキな『桜ほうさら』宮部みゆき著

祇園祭の今夜は打ち上げ花火が上がっていて、ずっとドーン、ドーンという音が響いている。花火の音を聞くといまだにちょっとソワソワする。

 

私が子供の頃は、まだビルなどの高い建物がなかったので家から花火見物ができた。昭和三十年代の始めのそのころ、豊橋の中心部でもまだ車はあまり通らず、のどかに家の前の道路に縁台を出して、涼みながら近所の人と一緒に見物したことを思い出す。

 

昨日今日と、夢中になって『桜ほうさら』を読んでいた。江戸の下町の貧乏長屋を舞台に、冤罪で切腹した父の汚名を雪ぐため、貧しい小藩から江戸に出て来て、その長屋に暮らすようになった古橋笙之介の物語だ。

 

場面は春浅い川のほとり。一分咲きの一本の桜の木の下に、桜の精かと思う不思議な女性が立っているのを笙之介は目にする。夢か幻か・・・。

 

やがてその女性和香と対面することになり、笙之介が判断に迷うような時には意見を聞きたいと思う人になり、彼の心の大きな部分を占めるようになるが、美しい和香には悲しい秘密があった。

 

笙之介の父が陥れられた事件の謎解きを縦糸に、和香との淡い恋や長屋の住人たちの人情を横糸にして、宮部さんお得意の江戸ものの世界が紡がれる。期待にたがわぬ人物それぞれの魅力、ほろりとさせられる様々なエピソードが盛り込まれ引き込まれる。

 

途中で、おやこれはいつぞやテレビドラマで見た話だと気付いた。ドラマも良かったけれど単発ものだったので話が絞り込まれていた。その点、やはり小説は登場人物一人ひとりがいきいきと描き分けられ、サイドストーリーまで魅力に満ちている。

 

ドラマでは玉木宏さんが演じた主人公笙之介は、穏やかで誠実な人だった父親似で、格上の家から訳ありで嫁いできた勝気な母にはうとまれている。剣の腕もたち母の強い気性を継いでいる、兄の勝之介の方を偏愛しているのだ。

 

学問はできるが世事に疎くなんとなく頼りない笙之介だが、長屋の人たちは彼に親しみ、愛し、何くれと世話を焼く。ここぞという時には力を貸し、とうとう彼の命をこの世につないだのもこの人たちだ。

 

血が繋がっていないためにギクシャクする親子がいる。血が繋がった親子兄弟であるがゆえに憎み合い、相手の死さえ願う者もいる。親子とは何か、力とは、幸せとは・・・といったことをしみじみと考えさせられる。

 

世界中が憎悪の連鎖の中にあり、身近な生活の中にはヘイトやらいじめやらが蔓延する時代にいる私たち。敬愛する自分の父を死に追いやった者たちを、憎みきることができなかった笙之介の優しさに学びたいと思った。

 

 

f:id:yonnbaba:20170722213555j:plain

私が校正者なら何か所か赤を入れなければならないところがあるが、それはこの際あげないことにする。

祇園祭の日の駅頭でスタンディング

豊橋祇園祭が開幕した。今日は先週ご紹介した「手筒花火」打ち上げの日。夕方6時の私たちのスタンディングの時刻はその花火見物に行くのであろう人々で、駅前はいつもの週末以上に賑やかだった。通路を行く数人の華やかな浴衣姿の若い女の子たちの中の一人がベレー帽をかぶっているのを見て、おばさん・おばあさんたちはびっくり、目が点になった。「なんでもありなのね~」と隣に立つ、私よりもう少し年配の女性が感じ入ったようにつぶやいていた。

 

このスタンディングの前に、今日は初めてボランティアで「ポスターの裏貼り作業」というものを体験した。戸外に貼るポスターなので、使用する両面テープは特に粘着力の強力なものだ。一緒に行った友人と私は2時間弱お手伝いしただけなので手が荒れるまではいかなかったが、長い時間続けていると指先の皮膚が傷んでしまうそうだ。

 

街のあちこちに貼られているポスターを普段何気なく見ているが、裏にこのような大変な作業があるとは、何でもやってみないと分からない。いや、戸外で貼って回る作業はもっと大変なのだろうけれど。

 

 

f:id:yonnbaba:20170721191215j:plain

スタンディングの仲間にいただいた自家製野菜。元気!

 

f:id:yonnbaba:20170721191058j:plain

今の気分に合うものをと、出かける前に慌てて書いたプラカード。お粗末!

 

 

血は水より濃い?

このところの蓮舫氏の国籍問題について、ハフィントンポストに興味深い記事があった。

 

www.huffingtonpost.jp

 

以前にも私は、このサイトの記事から里子のことを書いている。アメリカでは肌の色さえ違う子を平気で里子にし、社会もそれを当然のように受け入れるが、日本では血が繋がっていないことはいまだに大問題のようで、養子であることは大抵の場合極力隠そうとするようだ。長いこと生き別れだった母子が再会するという物語は、古今、日本人の好むところである。私は苦手だけれど・・・。

 

 

yonnbaba.hatenablog.com

 

確かに、去年蓮舫氏の国籍問題が最初にニュースになった時から、二重国籍の何がいけないのという気持ちとともに、なんとなくそれ以上の気持ち悪さを感じていた。こうして明文化されてみてよく分かった。そうだ、そういうことが後ろに隠れていたんだと非常に納得がいった。

 

こうした意識がヘイトを生み、移民や難民を排し、集団の中で少しでも違った行動をする人をはじき出していく。「みんないっしょ」に快感や安心感を覚える感覚は、どこから来るのだろう。私自身は気が付いたときには「みんないっしょ」にむしろ反発を感じるようになっていた。

 

ただ、相手の期待に応えたいという気持ちも強かったのと、どうでもいい部分では我慢して必要以上の摩擦が起きないようにする知恵はあったので、学校生活は問題なく過ぎたが、建前と本音を使い分けることに抵抗を感じる人や繊細な人には、学校(多くの場合は職場も)は非常に居心地の悪い場所だろうと思う。

 

個性的であれと言いながら、一定の規範に押し込もうとする教育。暗黙のうちに甲斐性のある男、母性の強い女を期待する社会。違うことを受け入れる、寛容で誰にとっても居心地の良い社会は、血にこだわるところからは決して生まれてこない。

 

 

民進党、解党して出直した方が良いのでは?

 

 

f:id:yonnbaba:20170720151332j:plain

両親に置き去りにされた双子の兄弟。そこへ屋根から落ちて来たのはプロの泥棒だった。「警察に突き出されたくなかったら、僕たちの父親になって!」。こうしておかしな父と息子たちの物語が始まる・・・。宮部みゆきさんのハートウオーミングストーリー。

毎日何か失う・・・逆に増えて豊かになる

昨日の私の嘆きのエントリに、セネシオさんがステキなブックマークコメントを下さいました。さすが、いつも感嘆するほどの名文を書いていらっしゃるセネシオさん。あまりに素敵なので、グリーンスターを付けただけでは足りなくて、皆さんにもご紹介。

  

“毎日なにか失う、あるいは捨てていくわけですが、逆に増えて豊かになっているものもあるはず。そう信じたいです。”

 

ほんとうに、そうありたいと思います。セネシオさんは、この言葉通り、時間の経過とともに、さまざまなものを増やし、豊かになっていらした方です。ブログを読めば明らかです。こういう魅力は、決して若くては持てないものでしょう。こんなふうに年輪を刻んでいけたらと、憧れる人生の先輩です。

 

もう皆さんよくご存じのことと思いますが、素敵なセネシオさんのブログ

cenecio.hatenablog.com

 

 

f:id:yonnbaba:20170718174920j:plain

そっかあ。あたしたちがあまり変わらないのは、失うものも増えるものも少ないからだったのかニャ?お母さん、失うばかりじゃダメですよ!     byドリーム

 

悲しい経年劣化と三十年前の風疹の置き土産

朝いつものようにテレビをつけた。ところがちっともニュースが始まらない。何で今日はこんなのどかな番組をいつまでもやってるの・・・と、いい加減ジリジリして、ふと気付いた。今日は休日だ。勤めていたときには三連休なんて指折り数えて待ったものなのに、毎日が日曜日の今はその連休を失念しているというおめでたさ。なんという幸せ!

 

ANNの調査で、内閣支持率が29.2%になったそうだ。現政権の実体を分かったうえであろうとなかろうと、とりあえず支持率が下がって国民をあまり侮ってはいけないと思ってくれればよい。けれども、果たしてどこまで国民の疑問に答えようとするか。問題の人たち全員が応じるのか、証人喚問という形を受け入れるのか。首相の本気度に注目したい。

 

 

ところで話は全然違うのだけれど、いまから30年ほど前、まだ私が青森県の片田舎で公文の教室をしていた時、子供たちの間で風疹が流行した。そこからさらに10年以上遡った第一子を妊娠した時、受診していた産婦人科で「あなたは風疹の抗体がないようです。今ちょっと流行ってますからなるべく子供の多いところには近づかないようにして気を付けてください」と言われた。その時は幸いかかることはなかった。

 

しかし教室には大勢の子供たちが出入りするので、いつの間にか誰かからもらったようで、私は風疹になってしまった。流行り病を大人になってからすると重症化するというが、本当だった。普段体温低めで37度で熱っぽいと自覚する私が、40度を超える熱を出した。発疹も体中いたるところにものすごく出て、医者に「これでは痕が残るでしょう。ちょっと高いけど良い点滴があります。使いますか?」と言われ、当時まだ三十代だった私は迷わず「お願いします!」と答えた。

 

その高価な点滴のお陰か、教室も週2回するうちの1回を休んだだけで復帰でき、発疹もきれいに消えた。消えた、と思っていた。ところが、何十年もたった五十代の終わりころから、体の調子が悪いときに腕や足にうっすら発疹らしきものが浮かぶようになった。

 

初めに気付いたときは蕁麻疹か何かだろうかと驚いたが、体調が戻ると消えてしまう。それに発疹の状態があの風疹の時のものと同じだったので、これはきっと点滴によって痕が残らなかったのではなく、たんに皮膚の層の下の方に沈めただけなのだろうと気付いた。そしてそれが体調が悪いと表面に浮かんで来るのだろう。なぜそうなるのかは分からないけれど。

 

そしてそれからまた何年かたって、とうとうこのところ足の発疹は出現したままになってしまった。年を重ねるのは悲しいことだ。顔にできた小さな吹き出物なども、若いときならしばらくすれば消えたのに、近頃はそのまま定着してしまうことが少なくない。虫刺されなども掻くと痕になって消えなくなってしまうので、極力掻かないように気を付けないといけない。こうしてどんどん体のあちこちが醜くなっていく・・・。

 

健康でいられるだけでありがたいことではあるが、若い人のつややかでシミ一つない肌を見ると、本当に羨ましい。でもこれから益々こうした自分の「経年劣化」を受け入れていかなければならない。それが年をとるということだから。そうした肉体の変化は避けられないけれど、せめて心持は、なるべくしなやかに美しくあるよう努力しよう。などと思いながら、相変わらず毎日が日曜日の幸せをダラダラと享受するばかりのダメな私だ。

 

 

f:id:yonnbaba:20170717212046j:plain

その点、猫は羨ましい。100歳と90歳のおばあちゃん猫たちだったけれど、見た目はそれほど年を取らなかった。ドリームなど最後までこどもっぽかった。

 

 

『知らなかった、ぼくらの戦争』アーサー・ビナード編著

以前ユネスコで平和学習の出前授業をしていた頃、戦争体験の語り部がだんだん高齢になって、体調を崩されたり、滑舌や話の内容に問題が生じたりするようになるのを目の当たりにして、きちんと録画して残すなどしないといけないと強く感じた。

 

広島では被爆体験語り部の後継者を育てる活動があって、たしか去年その第一期生が実際に語り部を務めたというニュースがあった。広島に限らず、日本各地に戦争体験者がいらっしゃるのだから、それぞれの地の空襲体験や、出征体験、引き揚げ体験などを聞き取り記録することが急務だと思うけれど、実際にはどれほどそうした作業が進んでいるだろうか。多くは民間のボランティアなどに委ねられ、心許ない状態なのではないかと思う。

 

この本は、そうした作業を日本のみならず、アメリカで日系人強制収容所を体験した人の聞き取りまで含んで、ビナードさんがしてくれている。大学卒業後来日し、そのまま定住し日本語での詩作をするビナードさんは、いまや半分日本人で半分アメリカ人のような存在だ。そのような立場で、今まで圧倒的に少なかった「加害者日本」としての視点も含めて、23人の方のインタビューをまとめ、戦争や戦後について書いている。

 

戦争体験というと暗くて聞くのも辛い感じがするが、この本はビナードさんの人柄か、それとも語ってくださった方々の前向きな生き方のせいなのか、辛くなることもなく、どんどんと読めてしまった。新しく知る情報も多い。

 

建国以来つねに戦争をすることで国を太らせてきたとも言えるアメリカには、「第二次大戦後」とか「ベトナム戦争後」というとらえ方はあっても、「戦後」という言葉はないという。改めて、つねに「戦後〇年」という意識できた日本のこの七十余年を誇らしく感じる。それなのに、なぜその素晴らしいものを捨て去ろうとしているのか。

 

広島と長崎に投下した原子爆弾の意味や、ウラン弾の「リトルボーイ」、プルトニウム弾の「ファットマン」のほかに、第三の大量破壊兵器「パンプキン」が日本各地に投下されていたこと、そしてその意味するところを初めて知った。

 

去年オバマ大統領が現役大統領として初めて広島を訪問した際、ビナードさんは地元のテレビとラジオの特番に解説者として出演していたそうだ。感動的なスピーチを賞賛するような報道が多かったが、ビナードさんはげんなりしていたそうだ。岩国基地海兵隊員をねぎらう時間や、オスプレイを宣伝するような行動を省略すれば、充分資料館を見る時間は生まれたはずだと指摘している。行こうと思えば長崎にも行けたはずだと。「核なき世界をめざす」と言い、ノーベル平和賞まで受賞したオバマさんも、やはり軍事産業大国アメリカのセールスマンであることには変わりなかったのだ。

 

ビナードさんがインタビューした23人の方のうち、すでに何人もの方が亡くなってしまっている。インタビューのあと、数か月から半年ほどで亡くなった方も少なくない。まるで体験を語り終えて肩の荷を下ろしたかのように。

 

あったことをなかったことにしたり、美化したりごまかしたりせず、まずは事実を事実として知らなければ、次のステップに進めない。間違ったことを正すこともできない。日本の悪いところは、この事実を事実としてきちんと認め記録するということに消極的なところだ。そして結果的に責任の所在もあいまいにしてしまう。

 

とても読みやすい本なので、中学生くらいからなら、一緒に読んで語り合う材料にもなりそうだ。夏休みの読書にもピッタリ。

 

 

f:id:yonnbaba:20170716180530j:plain

残念『ブランケット・キャッツ』

第一話を見て「楽しみ」と書いた。ただ、猫たちに負担をかけないように撮影してくれるといいなと、それだけが少し気がかりだった。

 

二話でちょっと落ちて、三話の子供のいない夫婦の話で盛り返したのだけれど、四話は学歴がなくて苦労した父親が息子に過剰な期待を寄せてすれ違うというありがちなストーリーなうえに、その父親が猫のいるそばでやたらと怒鳴り、心配が的中してしまった気がした。

 

それに猫たちが画面に映っているときに、どの猫も異常にそこらを舐めてばかりいて、画面の中に収めるために何かを塗るとか蒔くとかしているのではないかと気になってしまう。画面から外れてしまってもいいから、もう少し自由気ままにさせてやってほしいと、そんなことばかりに気をとられてドラマを楽しめない。残念ながら視聴をやめることにした。

 

みをつくし料理帖』もあっけなく終わってしまって(でもきっとシリーズ化されるに違いないという気がする)、この夏はまた昔のドラマ『すいか』のDVDでも見るとしようか・・・。

 

来週末は豊橋祇園祭豊橋発祥の手筒花火は21日金曜日の夜に、豊川(とよがわ)河川敷での打ち上げ花火は22日の土曜日の夜だ。

 

 

 

 

このところ家でお昼を食べるときには、圧倒的にこのサラダそうめん。野菜はその時冷蔵庫にあるもので。今日はご近所さんにいただいたミニトマトを彩りに。

f:id:yonnbaba:20170714122308j:plain