よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

スマホ復活、私の健康体も復活なるか?

3年前までは携帯電話などなくても何の痛痒もなく暮らしていたのに、持ってしまえばなくてはいられず、昨日はショップの開くのを待ちかねて飛んで行った。けれどもついていない時はついていないもので、休業していた(当市では商店の休業は水曜日が多い)。

 

今日は午前中はコスモス会だったので、雨の降り出した午後、再度モバイルショップを訪ねた。故障かと思うが、もうすぐ3年なので電池パックの交換時期なのかもしれないと話すと、お兄さんが小さな道具を使ってスマートフォンの裏蓋を開けて電池パックを取り出し、もう一度入れ直して蓋を閉めた。そうして電源ボタンを押すと、アララ不思議、作動を始めた。

 

「故障でも何でもありません。接触不良だったようです」と言う。普通に使っていただけで、落としたわけでも何でもないのにそんなこともあるんですかと聞くと、あるのだと言う。やっぱり、たまにはへそを曲げて休憩しよう!という魂胆だったとしか思えない。

 

なんにしても、お金もかからず、データも飛ばず、あっけなく一件落着したのだから文句はない。

 

スマホ問題が解決したら、次は自分の身体だ。どう頑張っても少々ぎごちない歩き方しかできないほどになってしまい、このまま放っておくわけにはいかなくなった。観念して整形外科に行こうと思ったが、おそらく病院に行っても診断がつかない(病気以前の不具合のように思う。腰痛でさんざん経験済み)ような気がするので、何となく今まで敬遠していた「鍼灸マッサージ」という所に頼ってみることにした。

 

ネットで自宅から近いところを検索。最近開業した治療院が評判も良く、しかも無料体験を受け付けているとあったので、電話で申し込み、行ってきた。問診と痛みのメカニズムや治療の方針の説明の後、実際のマッサージを15分ほどしてくださった。

 

歩くと痛みの走る部分を揉みながら、「痛いですか」と聞かれる。痛いのだけれど、我慢できない痛みでなく、なんと言うのだろう、「イタ気持ちいい」ような感じだ。私は自分の体へのコンプレックスからか、足や手を人前にさらすことや、体に触れられることが苦手だ。豊橋の駅前にもマッサージを謳うお店が何店も開業し、勤めの帰りに寄ることもできたのだけれど、さぞ気持ちよいだろうなと思いながら、私は無理・・・と頭から行く気はなかった。

 

それで家で使えるマッサージチェアをまだ高価だった13年前に奮発した。大変快適だし、ICが搭載されているので、どんどん自分好みにアレンジできるようになってはいるが、やはり人間がするような訳にはいかない。今日マッサージを思い切って体験してみたら、気持ち良いし、これなら根本的治療が得られそうな気がして、しばらく通ってみようという気になった。

 

母の受けた足つぼマッサージも、信じられないほどの効果があったことは、いくら疑り深い私でも、この目で実際に見たのでよく分かっている。

 

97歳、寿命が切れる寸前の母にさえ、足つぼマッサージが起こした奇蹟

yonnbaba.hatenablog.com

 

鍼灸マッサージ院からの帰り道、少しだけ足取りも軽くなっていた。さてさて、2、3か月ののち、私は痛みのない体に戻れるだろうか。

 

f:id:yonnbaba:20170922170334j:plain

100歳と90歳、この子たちに体の痛みはあったのだろうか?

スマホにへそを曲げられた

初めての携帯電話としてスマートフォンを持ってから、あと2か月で3年になる。いままで大したトラブルもなく来たのだけれど、今日突然ストライキに入られてしまった。

 

いや、突然ではないのかも知れない。昨日スマホで撮った写真をパソコンに送ろうとしたのだけれど、画像データの添付を何度やってもずっとダウンロード中になってしまって、結局写真添付メールの送信を諦めなければならなかった。いま思えば、あれはトラブルの前兆だったのかもしれない。

 

今日、出先で調べたいことがありインターネットを立ちあげようとしたのだけれど、おとといあたりから速度制限がかかっていて非常に遅い。短気な私は、開き切らないうちに次の操作をしてしまった。それでクラッシュしてしまったらしく、間もなく真っ黒な画面になって、電源ボタンを押しても無反応になってしまった。

 

帰宅してパソコンのインターネットで調べ、こんな時の対処法の「充電し直す(充電切れでないことは確かとは思ったけれど)」と、「電源ボタンの長押し」までは試みたが、無情の無反応。これ以上のことは私のスキルでは対応不可だ。

 

絶対あり得ないよなと思いながらも、もしかしてこのスマホ宛に電話を掛けたら、「おっ、いけない、うっかりしてた!」とばかり鳴り出すのではないかと一縷の望みを抱いて、固定電話から自分のスマホにかけてみた。もちろん耳に当てた固定電話の虚しい呼び出し音が続くばかりで、スマホの方はうんともすんとも言わない。

 

こうなったら、明日携帯ショップに出かけて助けてもらうしかない。どうか簡単な処置で直りますように・・・。でも、その前に、ショップの人にさまざまなIDだのPWだのを尋ねられた時に、チャッチャと答えられるか不安だ・・・。

 

 

f:id:yonnbaba:20170920210943j:plain

こんなものはチョチョッとこうして・・・。 (画像はネットからお借りしました)

 

サッパリとした頭の外側と、ぐちゃぐちゃの内側

10日・14日・18日。父・兄・母の月命日のいずれかに墓参するようにしているのだけれど、今月はなにやかやと用事に紛れて母の命日も過ぎてしまった。でも、考えようによっては、彼岸には親戚の誰かが来てくれるやもしれず、だとすればお花は丁度良いつなぎになったかも知れない。

 

我が家の墓の一角に勝手に生えた木(名称不明)に、大きな青虫がくっついていた。もう蛹になる態勢でじっとしている。伸びすぎた枝を切ったけれど、この子の枝はそのままにしておいた。それでも私が切っている間ユサユサ木が揺れるので、きっと気が気ではなかっただろう。ドキドキさせてゴメンね、と謝っておいた。これで蛹になってそのまま飲まず食わずで春まで・・・。生き物ってすごい。

 

墓参のあと豊橋駅に出てお昼を済ませ、半年ぶりに美容院に。ショートから伸ばしっぱなしにしていた髪を、ミディアムに整えてもらってパーマをかけ直す。若い頃はほとんどロングで過ごしていたが、年齢とともに髪も容色が衰えることに気付きこのところショートにして、二か月ごとくらいにカットしていた。

 

前回なんだか理屈っぽい男の子に当たってしまって、こう言えばああ言うといった感じでどんな風にして欲しいかを伝えるのにとても苦労した。そのせいで、それでなくても気が重い美容院行きがさらに憂鬱になり、そのうち、そのうち、と延ばすうちに半年たって、長い部分は肩に届くほどになってしまった。こうなるとやはり馴染みのあるロングが恋しくなり、涼しい季節に向かうことだし、しばらくセミロングくらいにしてみようかという気になってしまった。

 

もうどうにも放っておけないほど、長さもパーマのとれ加減もひどい状態になっていたのでついに年貢を納めたという次第。今日は適当な注文でも適当に応じてくれる、大らかな女性の担当で良かった。しかも適当に頼んだわりには、仕上がりもほぼ満足。

 

 

こんな訳で頭の外側はサッパリしたのだけれど、中の方はイライラでぐちゃぐちゃだ。もちろん、あの、国を私物化しているとんでもない人物のせいだ。さんざんミサイルの危機感をあおっておいて解散だなんて。こんな勝手なことをして、天誅を下してやりたいところなのに、悪者をやっつける一番の主役、戦隊ものなら「赤色」のヒーローがまるでシャキッとしないのだから、応援団としても情けないことこの上ない。

 

 

f:id:yonnbaba:20170918180838j:plain

昨日の夕方散歩した「なまず池公園」の池の大きな鯉。

 

f:id:yonnbaba:20170918180857j:plain

夕焼けを映すなまず池。

 

f:id:yonnbaba:20170918181056j:plain

薄暗いのでぼやけているが、寄り合いを開いていた?三匹の猫。もう一匹黒猫が近くまで来ていた。散歩のフレンチブルちゃんが猫たちと話がしたいのか、綱を引っ張って「帰りたくないヨ~!」と言っていた。

 

 

 

 

 

 

 

ペッパー君との交際はまだ難しいかな

昨日は地区の中学校の文化祭で、役目柄ご招待をいただいたので参加した。この中学校はどうも雨の神様に魅入られているようで(いや、もしかしたら「私が」雨女ということもある)、春の体育祭も雨にたたられたが、今回もまた台風の影響で雨模様だった。

 

生徒たちは歩いて通うのだから、なるべく歩かなくてはと思うのだけれど、我が家から中学校へは広々とした畑の中の道を行くので風当たりがすごい。雨だけなら良いが、風が伴うと少々難儀だ。今回は台風が近づいていたのできっと風もあるだろうと、事前にタクシーを予約して楽をしてしまった。

 

オープニングは、あまり発表の機会のない文化部の発表の場ということで、吹奏楽部・太鼓部の演奏に、美術部とコンピューター部の発表だった。

 

そのコンピューター部の発表には今年度から加わったというペッパー君もいて、会場の生徒相手にクイズを出題するやり取りをした。一問目、二問目と手をあげた生徒が壇上のペッパー君のそばに行って答えを言うと、ペッパー君は「正解!」と調子よく応答していたのだけれど、なぜか三問目の回答者は気に入らなかったようで、何度も答え直させたあげく、メンバーの男子生徒が「不具合がありました」という、情けない終わり方になってしまった。

 

生まれた時から、生活の中にコンピューターがごく当たり前に存在していた、デジタルの申し子のような中学生たち。そのなかでもとりわけコンピューターの好きな子たちが集まったコンピューター部であろう。そんな子たちが操作しても、大事な晴れ舞台でうまくいかず立ち往生してしまうのだ。残念ながら、まだまだペッパー君は私の手には負えそうもないと再認識した。

 

アトムのようなロボットと暮らせる日は、いつのことだろう。

 

 

f:id:yonnbaba:20170917220942j:plain

可愛いペッパー君。

 

 

 

「いただく」は好きだけど「くださる」は嫌ですか?

あるときから、あげ足取りはなるべく避けようと思ったので、このところ「ことば」カテゴリーの話題はあまり書かないようにしているのだけれど、久々に書く。

 

夕方のニュースで、若狭勝衆議院議員の主宰する政治塾の開講を伝えていた。その中で若狭氏の挨拶している様子が流れ、「小池百合子都知事が講師を引き受けていただき・・・」と言っていた。

 

まあ、近頃では珍しくもない言い方なのだけれど、場合が場合、場所が場所。受講生たちの目(耳?)もあれば、ニュースで全国に流れることも目に見えているのだから、ちゃんとしゃべりたい。「知事に講師を引き受けていただき」か、「知事が講師を引き受けてくださり」と。こんなこと気にした受講生はいなかったかもしれないが。

 

バラエティやら情報関係やら様々なテレビ番組で、アナウンサーや司会者が「本日はたくさんの方がお越しいただき・・・」と言うのも当たり前のようになってしまった。「いただいた」のは番組側で、たくさんの方は「お越しくださった」のだ。どうしても「いただき」と言いたければ、助詞を「に」にして欲しい。

 

「いただき」が丁寧で上品な言い方としておおはやりのようで、いまやなんでもかんでも「いただく」だらけ。数年前から「いただく」アレルギー気味のところに、どうやら若狭氏にもアレルギー反応が出てしまう体質のようで、今日はついケチをつけてしまった。

 

文句ついでに。

一昨日、中部電力から届いたメールに「簡単なアンケートにお答えするだけで応募できます!」とあり、誰が答えるものですかと思ってしまった(性格悪いな)。顧客を不快にさせる敬語もどきしか使えないのなら、「アンケートに答えるだけで応募できます」の方がはるかにマシだ。

 

 

f:id:yonnbaba:20170916221202j:plain

お口直しに、あどけなかった頃のオーガストの写真を。

隣りにいるのはイタリア生まれの陶器の人形です。

国と国も、異文化交流した方が楽しいのにね

二か月近い夏休みのあと、先週はまだ体調に不安があって休んでしまったため、実に久し振りの国際協力コスモス会への出席となった。今日はバングラデシュのSさんの協力で、「サリーを着る会」だった。

 

まずは勢ぞろいした美女の面々をご覧あれ。

f:id:yonnbaba:20170915112038j:plain

 

 

f:id:yonnbaba:20170915104719j:plain

順番待ちしている希望者に一人ひとり着せ付けていく。サリーのきれはとてもたっぷりとした長さがあり、ウエストから流れるタックのたたみ方が一番のポイント。慣れていないとなかなか手早く綺麗にたためない。

 

 

Sさんのお母様がお国で、女性たちが作った服などを販売して自立する応援をしてみえるとかで、今日はみんなに着せるサリーの他に、そうした商品の一部を持っていらした。

f:id:yonnbaba:20170915104559j:plain

会議机の上に並べられた衣類やストール。

 

 

f:id:yonnbaba:20170915162342j:plain

家の中の整理が大分進んで残るは大量の衣類、と言っていながら、ついまた買ってしまった。家で履いたらラクチンそうなベージュのワイドパンツと、美しい色の染のストール。写真では青く出てしまっているが、とてもきれいな紫色だ。幅も長さもたっぷりなのに、たたむとあまりかさ張らないので、バッグに忍ばせれば夏の冷房対策にも重宝しそうだ。

 

スパンコール刺繍の見事なサリーを着て、みんなとっても嬉しそう。お互いに品評し合ったり、それぞれのスマホタブレットで写真を撮り合ったりしていた。女性はやっぱりいくつになっても、綺麗なものには目がキラキラして、みいんなすっかり可愛い「女の子」になっていた。

 

今日も朝から無粋な音が鳴り響き、テレビはどのチャンネルも美しさとは程遠いまがまがしい画面一色になった。かの国のしていることは良くないけれど、でもどこも持っていない兵器を持とうとしている訳ではない。すぐそばで堂々と軍事演習をしている国もある。なぜよってたかってあの国ばかり悪者扱いするのか、私にはよく分からない。自分たちもしてきたことを、後追いの小国がするととんでもなく叩かれるというのが、どうも納得できないのは、私が無知なのだろうか。

 

 

 

 

松茸ご飯で秋をいただく

午前中は民生委員の仕事で、敬老祝い品を受け取りに校区市民館へ。うちの小学校区は9つの地区に分かれていて9人の民生員がいるのだけれど、校区内で100歳以上のお祝いを受ける対象者は3人だった。私の担当区域には100歳以上の方はいなかったけれども、豊橋市(人口約37万)全体では197名だと言う。これは50年前の国全体の100歳以上の人の数とほぼ同じだ。

 

今年から当市では、この敬老祝い品配布の対象者の年齢が8歳引き上げられ、88歳からになった。だから去年近所の80歳の人がもらっていたから、今年は自分がもらう番だと楽しみにしていた方には渡らないということになり、おそらく不満の声も出ることだろう。けれども、この100歳以上の人の増え方一つとっても、この処置は致し方ないことだと思う。むしろお祝いは100歳以上のみにしてもいいくらいだと思うけれど、一気にそこまで減らすのは無理だろう。

 

お昼は友人に誘われて岡崎まで出かけた。奥殿陣屋というところにあるお店でランチを食べた。

奥殿陣屋とは、岡崎市の公式観光サイトによれば、

その昔、持統上皇が命名されたと伝えられる花ぞの山(村積山)の麓、徳川家氏の発祥地松平郷に程近いところに座する奥殿陣屋。
1万6千石の親藩として奥殿藩の歴史と文化が静かに眠ります。

春の山桜、バラ・あじさい・もみじ・つばきなど四季折々に美しく咲きほこる花園の里でもあり、いつ訪れても美しい景観に出会えます。
日本庭園を眺めつつ、郷土料理に舌鼓をうち、お抹茶と甘味を堪能する、心が和むひとときをお過ごしください。

 

f:id:yonnbaba:20170914141130j:plain

今日食事をした金鳳亭の入り口。

 

 

f:id:yonnbaba:20170914130435j:plain

 窓からの眺め。気の早い枝のほんの一部が紅葉を始めていた。

 

 

f:id:yonnbaba:20170914130422j:plain

秋のメニューが始まっていた。松茸ご飯。

 

 

f:id:yonnbaba:20170914125554j:plain紅葉にはまだ早いけれど、酔芙蓉がまだしばらく楽しめる。

 

9時過ぎまでNちゃんと勉強していたので、簡単に・・・。