よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

『空の名前』 光琳社出版と角川出版の微妙な違い

『空の名前』は私のお気に入りの本だ。高橋健司さんの雲を中心とした写真がとてもいいし、添えられた文章を読むのも楽しい。以前友人が入院した時にもプレゼントしたのだが、今回姉にも持っていった。話していると、病院の窓越しに毎日たっぷり空を眺めるという言葉が出てきたので、やはりピッタリだったのではないかと思う。長い入院中に、この本と見比べてたくさん雲の名前を憶えるのも楽しいのではないだろうか。

 

f:id:yonnbaba:20171116215329j:plain

 

私の持っているものは光琳社出版の平成8年第23刷のものなのだけれど、このあとこの出版社はつぶれてしまったようで、角川出版が引き継いで出している。したがって今回姉に贈ったものは角川版だ。

 

光琳社出版のものは細部まで非常に気が届いていて実に美しいが、角川に代わって値段は少々安くなったものの、残念なことに、中身も明らかに安っぽくなってしまった。

 

marcoさんが昨日のブログで本の印刷の文字色の違いについて書いていらしたが、この『空の名前』なども似て非なるものになってしまって、ちょっと悲しい。友人の時も今回の姉にも、見舞い用なので古本というのもどうかと思い角川版を贈ったのだが、私としてはもともとの繊細な美しさをぜひ届けたかった。

 

marcoさんが古書や初版本で読みたいと仰る気持ちがよく分かる。

 

この本のあと、姉妹編のように夜の空に関する写真を集めた『宙(そら)ノ名前』という本も出て、この二冊を並べると、背表紙に三日月(空)と満月(宙)が並ぶ意匠になっているのも心にくい。さらに『色の名前』というのも追加された。どれも本当にずっとそばに置きたいと思わずにいられない本たちだ。

 

もっぱら図書館で借りて本を読んでいる私が言えることではないけれども、良心的な本を出版している会社ほど経営が苦しくなってしまう現実は苦い。

お上りさんの見た運慶展と東京

***昨日の続きで***

 

さて、大変な混雑の中での落ち着かない鑑賞で、しかもあとの予定が決まっていて時間的にも余裕のない悪条件のもとでの運慶展だったけれども、やはり見て良かったと心から思う。ニュースなどで人気の展覧会の大混雑ぶりなどを知ると、そんなにしてまで見たいのかしらと斜に見ていたが、やはり、百聞は一見に如かずだった。

 

もちろん本当に良いのは、それぞれの作品の本来置かれた環境で、静かにゆっくり対座することだろうが、今回の展覧会では、関東から関西まで20以上の寺や施設で保有しているものを一堂に集め、しかも親子三代にわたって系統的に(と言っても、そもそも運慶は一人で作品を作るのではなく、工房として取り組んだようだが)見せてくれるのだから、やはりありがたい。効率的に見られるのだから、少々味気なくなるのは当然の帰結だ。

 

国宝の無著・世親両菩薩の立像は期待にたがわず素晴らしかったが、私は有名な無著菩薩よりも、世の憂いを一身に負ったかのような世親菩薩の悲しそうな目に魅入られてしまった。

 

もうひとつ心に残ったのが、近年になって運慶の作と判明し、最晩年の作とされる「大威徳明王坐像だ。失われている箇所も多いし、20センチあるかないかの小さな作品だけれども、その小さな像から放たれる品格や迫力は素晴らしいものだった。

 

f:id:yonnbaba:20171116155733j:plain 鎌倉手帳(寺社散歩)さんのサイトより

 

それぞれの方がご自分の目で見て、ご自分の感じ方をなさるのが一番なので、運慶展についてはこの程度にする。

 

昨日書いた通り、もう思い出すのも難しいほど長く東京には行っていないし、しかもその直近の上京は、会社でレンタカーを借りて、関係する企業の新しいショールーム見学のためだったため、公共交通機関にさえ乗っていない。

 

そんなわけで、十数年ぶりか、ひょっとすると二十年ぶりくらいのお上りさんが、今回ほんの垣間見た東京で驚いたことを。

 

東京には、まだ肩と肩がくっつくような電車内での座り方があったということ。私が日常利用する豊橋鉄道渥美線では、たいていの場合、とても細い人なら十分座れそうなほど間隔をあけて座っている。かなり詰めていると思う時でも、こぶし大ほどの空間はある。友人と少し狭めの空間に座るときでもなければ、隣の人と体が接触することはほとんどない。東京ではラッシュ時には詰め込まれるだろうし、物理的な「人間のふれあい」は都会のほうが多いのではないかと思った。

 

その電車内の広告に、

毎朝5分、

ひげを剃るか

早く出社するかで

人生変わるかも。   

というのがあった。「Men's TBC」の広告だった。さすが都会だなあと感心した。田舎には、こんな熾烈なビジネスマンの競争自体がないし、近年は電車内の広告需要そのものがめっきり減っているらしく、鉄道会社自社や関連企業の広告が多いし、空きスペースも目に付く寂しさだ。

 

東京都は地図で見ると小さいけれど、いつも行くたびその広いことに驚かされる。たくさんの巨大なビル群、大きな公園や美術館などもいっぱいあって、そしてもっと驚くのは、そのどこにもものすごくたくさんの人がいることだ。田舎者の私は名古屋に行っても、毎日祭りのようだと感じるくらいだから、東京のにぎやかさはどうたとえれば良いだろう。

 

しかし、新幹線の中から高層ビル群を眺めて、ここに東日本大震災級の地震が来たら、日本はどうなってしまうのだろうと思わずにはいられなかった。最新の技術は地震の揺れをうまく逃がして建物は壊れないというが、どれもがそうした耐震性を備えているわけでもないだろう。先日テレビ放映の『シン・ゴジラ』を見たばかりだったこともあって、ついそんな心配をしてしまった。

 

思い切って出かけてみれば楽しくて、もっとこれからは気楽に遊びに行こうと思うのだけれど、前日の緊張感たるや、子供の自家中毒症状のごとく、本当に体に変調をきたすのではないかと思うほどだった。切符もチケットも事前購入しているわけでなし、いつでも取りやめにできるので、「ああ、やっぱりやめようか」という考えが頭をよぎった。旅慣れた人なら、南極か北極にでも出かけるのかというくらいの騒ぎだ(ひょっとしたらそれ以上?)。

 

姉も喜んでくれたし、自分でも楽しかったし、とても良い東京行だった。

でも、やっぱり、うちがいちばん!と思ってしまう出不精の私だ。

 

 

f:id:yonnbaba:20171116163301j:plain

よく私たちの活動を掲載してくれる地元紙。創刊60周年の記念広告に付き合ってほしいと頼まれ、有志のカンパで応じた。

豊橋スタンディング+(プラス)」と「じじばばの会」。

 

百聞は一見に如かず、大都会東京も、意外に元気な姉も

毎日、東京にお住いの多くのブロガーさん方のブログを読み、写真を拝見しているけれど、実際に私が東京に行ったのはいったい今から何年前だろう。すぐには思い出せないほど長いこと行っていない。

 

その私がやっと重い腰を上げて、今日は半日東京の人となった。姉が絶対安静をやっと解かれ、先週から車椅子が使えるようになったというので、見舞いに出かけた。こんなきっかけでもなければ、なかなか思い切って出かけられない。困った出不精だ。

 

せっかく出かけるのだからと、サンシャイン水族館の見物をもくろんでいたのだけれど、あの酸欠大量死のニュースで急遽メニューを変更し、開催中の「運慶展」を見ることにした。夕方のほうがいくらか混雑が解消されるようだが、面会時間の関係で、上野に先に行くしかない。

 

10時半過ぎに到着して、チケットは20分待ち、入場は60分待ちだった。一昨日や昨日の混雑具合をネットで見るとそれほどひどくなかったのだが、昨日の雨のあとの今日の好天で、どっと繰り出す人が増えたのだろうか。実際には入場まで70分くらいかかった。

 

会場の中も大変な混雑だったし、待ち時間が長かったために私は面会時間も気にかかって、あまり落ち着いてみることができなかった。セネシオさんみたいに近くに住んでいたら、すいている時を見計らって行けるのでしょうけれど・・・。

 

今日は運慶展の内容については触れない。

 

新宿からは私にとって懐かしい地域になる。専業主婦だったので通勤のようにしょっちゅう乗ったわけではないけれど、新宿まで買い物に出たり、経由してもっと都心まで出かけたり、そもそも息子たちの父親との初デートの待ち合わせも新宿駅だったから、とても思い出深い駅だ。

 

そうして相模大野の駅に着くと、あまりの変わりようにビックリだった。40年という年月はものすごく長い時間なんだなと、再認識させられる思いだった。私が住んでいた頃は、南口など「駅裏」と言ったほうがピッタリの、へたをすると狸でも出そうな雰囲気だった。道路整備より先に勝手に住宅が建ってしまったようで、道なき道のようなところを通り、突然階段が出現したりするという具合だった。

 

今日は乗り換えで通過しただけでじっくり見る時間はなかったけれど、とにかく何ひとつ昔を思い出すようなものは目に入らなかった。

 

北里大学病院も、昔一度受診してはいるのだけれど、方向音痴な私など病院の中で迷子になってしまいそうで、やっとという感じで姉の部屋に辿り着いた。40日もの間ベッドに寝たきりだったのだから、さぞ筋力が落ちてしまって大変だろうと案じていたのだけれど、ベッドの姉は思いのほかやつれもなく良い顔色をしていた。

 

喫茶に行こうと車椅子に移乗する(看護師さんの見守りつきではある)ときも、手すりにつかまりはしたものの、自分の足で立って車椅子に移ることができていた。ベッド上でできるだけ足先だけでも動かすように努めていたそうだが、お医者さんたちも驚いていると言う。後遺障害の可能性もある病気のようなので心配したが、リハビリが始まったばかりでこれだけ元気ならば、きっと元の生活に戻れるだろう。姉の明るい顔を見て、本当に安心した。

 

 

 

f:id:yonnbaba:20171115174639j:plain

相模大野駅の電飾ツリー。これがあの、私の利用していた地味な大野の駅ですか?!

覆水盆に返らず・・・思い出深い本たちだったのに

子供たちが帰省した時に泊まるための部屋は、普段ほとんど使わない。掃除もごくたまにするだけで良い。で、先日久々に掃除機をかけるため、床に置いたものを移動させようとしたところ、観葉植物の鉢カバーの下から、隣に並べた絵本のあたりが乾いた水のあとで白くなっているのに気付いた。

 

ええっ、まさか?!わが目を疑った。かなり間をあけて水やりしていたはずなのに、いつの間にあふれさせたのだろう。

 

婚家において来たり、厳選して持ち出したものも、本は引っ越しのたび大変でその後思い切って処分してきたが、子供たちが小さいころ、お気に入りでよく読み聞かせした本や自分自身が思い入れのある絵本は、古くて少々傷んでいても捨てることができずにいた。それなのに、不注意で水浸しにしてしまい、結果、隣の本とくっついてしまったり、ページが開けない状態にしてしまった。

 

いよいよ、手放すことを決心せざるを得なくなった。

 

f:id:yonnbaba:20171114152314j:plain f:id:yonnbaba:20171114152403j:plain f:id:yonnbaba:20171114152527j:plain

長男が生まれたときに友人が贈ってくれた、大好きないわさきちひろさんの絵本。子供たちにもずいぶん読み聞かせした。

 

f:id:yonnbaba:20171114152735j:plain

子育てにたくさんの学びをいただいた神奈川時代のお向かいの奥様が、長男一歳の誕生日にプレゼントしてくださった本。一歳の赤ちゃんにこんなに文字の多い本を?と驚いたが、意外にも息子は興味深げにずっと話を聞き、お気に入りの一冊になった。次男も好きで、よく二人で登場人物の面白いセリフを言って笑い転げたりしていた。これから加古里子さんのファンになり、随分たくさんの本を購入した。

 

f:id:yonnbaba:20171114153402j:plain これもかこさんの本。

 

f:id:yonnbaba:20171114153510j:plain f:id:yonnbaba:20171114153549j:plain f:id:yonnbaba:20171114153716j:plain

「おいしいよ」にはたくさんのおいしそうな食べ物が出てくる。小さかった息子が「〇〇ちゃんがすきなのはねェ・・・、これと、これと・・・」と指さし、「食べてみようか」なんて言うと、食べる真似をして喜んだものだ(小さい子あるある)。

 

f:id:yonnbaba:20171114154254j:plain 

パディントン、絶版なのかAmazonでも在庫なし。ディズニー版より味わいがあって好き。

 

f:id:yonnbaba:20171114154746j:plain f:id:yonnbaba:20171114154830j:plain

 

f:id:yonnbaba:20171114154918j:plain f:id:yonnbaba:20171114154948j:plain

一緒に並べていたので、ペーパーバックの英語版も一緒にオシャカ。

 

f:id:yonnbaba:20171114160552j:plain f:id:yonnbaba:20171114155128j:plain 

これらの本も絶版のようだ。

 

 

f:id:yonnbaba:20171114155157j:plain f:id:yonnbaba:20171114155237j:plain

このあたりは私のコレクションだった。安野さんや谷内こうたさんの本はまた買いなおすこともできる。谷内さんの『なつのあさ』や『のらいぬ』もすごくいい。心がシンとして、泣きたくなってしまう本だ。

 

 

私の感傷につきあわせてしまい恐縮です。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかゾワゾワする物語『星の子』今村夏子著

寡聞にして、この本のことも著者も知らなかった。芥川賞候補だった作品らしい。三島由紀夫賞野間文芸新人賞を受賞している作家らしい。私はただ、市民館の新刊本のコーナーで目にし、装丁がきれいだったので借りてみた。

 

ミステリーではないので「ネタバレ」ということはないと思うけれど、これから読む予定で、内容を知りたくないという方にはこの先はお薦めしない。

 

 

主人公の少女ちひろは標準をうんと下回る体重で生まれて三か月近く保育器の中で過ごし、退院してからも体が弱くて非常に両親をてこずらせた。なかでも両親を最も苦しませた全身のひどい湿疹が、父親の会社の同僚の薦める「水」で嘘のように治まってしまったところから、ちひろの両親はその「水(信仰宗教)」に取り込まれていく・・・。

 

こうしてちひろの中学3年生までの生活が描かれる。両親は、手のかかるちひろを愚痴ひとつ言わず献身的に育てる人たちだ。悪意というものを知らないような人たちで、実に素直でまっすぐだ。それだけにいったん信じてしまうと、はたから見れば騙されているとしか見えない「水」を、どこまでも信じる。

 

この素直で良い人たちであるちひろの両親が、非常に私の心をザワザワさせる。薄気味悪い気がする。読んでいる間ずっと落ち着かない気分になるのだけれど、救いは主人公の少女ちひろが、健康的なことだ。両親に反発して家を出ていってしまう姉と違って、素直なちひろは両親の言うことに逆らわないが、かといってまるきり信仰に取り込まれるというのでもない。曇りのない目で、自分の運命と向かい合っている感じがする。

 

はたしてこの少女はどうなるのだろうと思って読んでいくと、肩透かしを食らうようなあっけない終わり方で読者は突き放される。親子の関係や家庭の在り方を考えさせられる。子供は親を選べず、しかも家庭の多大な影響を受けながら育つ。

 

物語の終盤で、愛する人を理解したくて集会に参加した、信者ではない男性の発した「ぼくの好きな人が信じているものが一体なんなのか知りたくて、今日ここにきました。……ぼくは、ぼくの好きな人が信じるものを、一緒に信じたいです」という言葉も、非常に重く心に響いた。人を愛するということの深さや難しさ、覚悟までを考えないわけにはいかない。

 

さらっと簡単に読めてしまうようで、読後には少々ざらついた気分が残る。装丁から受ける印象とはちょっと違う読書になりそうだ。

 

 

f:id:yonnbaba:20171113210121j:plain

地域文化の味わい 奥三河花祭り見物と北海道厚岸の「かきめし」弁当

昨日の土曜日、奥三河東栄町の小林地区に、国の重要無形民俗文化財に指定されている「花祭り」を見に行ってきた。ユネスコ時代の友人が、ぜひ見るようにと勧めてくれていたもので、以前は長時間になるため老猫たちが心配で出かけられなかったのだ。ドライバーまで務めてくれるというので、ありがたく出かけることにした。

 

f:id:yonnbaba:20171111190703j:plain

独特の切り紙細工の飾りつけの下、かまどでは湯が沸かされ、その周りを江戸時代の鬼の面をつけて踊る。

 

小林地区の花祭りの紹介サイト

www.town.toei.aichi.jp

 

f:id:yonnbaba:20171111190822j:plain

なかなか迫力のある鬼の面。昔は夜通し踊った(今も地区によっては行っているとのこと)のだそうだ。

 

祭りは見るものではなく、その地域の住人となって催す側になるのが一番!というのが私の考えだけれど、この花祭りはあまりショーアップされない素朴な形で残っていて、ごく近くから、酔っ払って踊りの輪に入って転がってしまうおじさんをよけながら見るのは、とても楽しくワクワクする時間だった。

 

f:id:yonnbaba:20171111193450j:plain

「三ツ舞剣」という踊り。三人の男性が刀と鈴をもって息を合わせて踊る。写真がブレブレだが、今踊っている三人は兄弟なのだそうだ。小学生の三男と高校生の次男と大学生の長男。太鼓をたたいているのはその兄弟のお父さんだと言う。三人の息子が仲良く息ピッタリで舞う、その囃子ができるとは、幸せなお父さんだと感じた。

 

こういう伝承の生きているなかで育つことは、とても意味のあることではないかと思う。継承している地域の人たちの努力は並大抵のことではないだろうけれど。少し離れた駐車場に車を止めて会場まで歩いていく道で、行きあう人が当たり前のように挨拶する。見上げれば、夜空には久々に目にするたくさんの星々。

 

帰り道でも、すれ違った小さいお子さんを連れた若夫婦が、「こんばんは」と声をかけてくる。故郷を離れた人もたくさん戻ってくるであろう祭りの夜、行き会う人はみな親戚、友人、という意識なのかもしれないと思った。

 

 

一夜明けて、今日は町内の老人会の例会。福引で一等が当たった福を老人会の皆さんにおすそ分けするため、午前中いつものスーパーに和菓子を買いに出かけると、「駅弁名店弁当うまいものまつり」を開催していた。南は鹿児島の黒豚づくしから、北は北海道の石狩鮭まで豪華な弁当がそろっていた。

 

f:id:yonnbaba:20171112112705j:plain

北海道厚岸のかき飯をチョイス。

 

f:id:yonnbaba:20171112112819j:plain

売り場の写真ではもう少し牡蠣の占める面積が多かった気がするけれど・・・。でも味はとっても良かったのでよしとする。

 

 

wattoさんがブクマで教えてくださって知ったのだが、望月衣塑子さんがツイッターでじじばばの会の応援はがきが嬉しかったことをつぶやいてくださって、そのツイートが地道に拡散しているのだそうだ。その影響か、このブログが今日またびっくりするほどのアクセス数になっている。じじばばの会としては、フェイスブックページも作ってないので、「正義の味方じじばばの会」で検索すると、このブログの記事がヒットしてしまう。あまりアクセスがあるとつい少々恐怖心がわいてしまう、意外に小心な私だ。

ひと雨ごとに寒くなる頃

昨夜ブログを更新したあと、いささか後悔していた。

 

ヒトは立つことはおろか、ほとんど自分では何もできない状態で生まれてきて、長い年月をかけてさまざまな能力を獲得し、そして再びその能力を少しずつ(時によっては劇的に)失いながら生を終える生き物だ。

 

いくつになろうと美しいものに心を動かすのは悪いことではないけれど、自分が何に価値を見出し、何を求めていくかを見誤らないようにしないと、いたずらに苦しくなるばかりだ。

 

無垢で愛らしい女の子が、美しくたおやかな女性になり、たくましい母になる。こんなモデルは現代ではハラスメントとか差別とか言われかねないが、いくつになっても「カワイイ」あるいは「美しい」だけが価値であることは女性を自由にはしないように思う。

 

 

 

この間、近所の方から柿をいただき、「柿が赤くなれば医者が青くなるって言うくらい、体にいいんですよね」とありがたく受け取り、秋の味をしばらく楽しんだ。でも、この言葉の元々の意味は、たんに柿だけの栄養価を言っているのではなく、実りの秋には食べ物が豊富になり、元気になって医者にかかる必要がなくなるということらしい。

 

私が子供の頃、「そんなの迷信だよ」と口の中でつぶやきたくなる(実際に声には出さなかった。目上や年上の人への「返答返し」はもってのほかだった)ようなことを、年のいった人たちはよく口にした。

 

柿と同じように「一日一個のりんごは医者いらず」という言葉もあるし、

夜口笛を吹くと蛇が来る

火事を見るとあざのある子が生まれる

夜爪を切ると親の死に目に会えない

嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる

ご飯を残すと目がつぶれる

などといった全く科学的ではないけれど、教訓的な言葉はたくさんある。可愛げのない子供だった私はこれらを根拠のないこととあなどり、自分が子育てをするときには言わないようにしたのだけれど、今になるとどうだったのだろうと思わなくもない。少なくとも、おばあちゃんの立場になった時には、こういうことを言い聞かせる存在になるのも大切なことかもしれないと思うようになった。

 

若々しくおしゃれなじいちゃん、ばあちゃんもいいけれど、若い世代に非科学的だとか時代遅れだとか言われながらも、頑として先祖が積み重ねてきた知恵を伝承する、そういう年寄りになることも必要かな、などと近頃は考える。

 

何が正解かは簡単には分からない。ずっとあとになって結果が現象となって現れて初めて分かることも多い。ヘタの考えであっても、考え続けることはやめないでおこうと思う。

 

気付いたら、珍しく今週は一日も休まずブログを更新していた。やはり「物思う秋」なのだろうか。

 

 

 

f:id:yonnbaba:20110528104142j:plain

アタシちょっと、いえかなり、太り過ぎなので、魅力的なケーキを前に、「食べるべきか食べざるべきか・・・」としばし物思いにふけっています。      byドリーム