よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

誰の身にも困難は降りかかる

わっと(id:watto)さんのブログに啓発されて、私もごくささやかな貧者の一灯をともそうと、朝から郵便局に出かけた。

 

www.watto.nagoya

               (happy-ok3さんもブログで紹介していらっしゃる)

 

歩いていると、後ろから来た車から「おはよう」と声をかけられた。見守り隊の相棒のYさんだった。これから畑に今日の収穫に行くという。「キュウリある?」と言うので、「もう食べちゃいました」と答えると、今日また持ってきてくださるとのこと。「気を付けて運転してくださいね」と見送る。Yさん、おんとし85歳である。

 

こうして元気な高齢者がたくさんいる一方で、大変な病気で辛い日々を送っている若い人たちがいる。代わってあげることはできないけれど、祈ったり、高額な費用のカンパに、できる範囲で協力することはできる。こうした呼びかけが、ネットで手軽にできる点は、現代の良いところだと思う。

 

事故も難病も大変不運なことだけれども、どんなに機械の性能が上がり、医学が進歩しても、常に一定程度の事故や難病は発生するだろう。誰の身の上にそれが降りかかり、誰が免れるかは運一つだ。今安泰だからと言って、これからもずっとそうであるかは分からない。だから、今自分にできることをしておくのは、結局は自分のためになるのだと思う。

 

こんな風に私は考えるので、安倍政権とその周辺の人というのは、未来永劫自分たちが弱者の側になることはないと信じて疑わないのだなと、感心してしまう。いや、何があろうと解決してしまえるだけの財力があるというのだろうか。まあ、あの人たちの境遇など全くの別世界なので、想像することも困難なのだけれども。

 

街頭演説を見ている庶民が、ちょっと声を上げただけで警官に排除されてしまうという、信じられないことが平然と行われる世の中になってしまった。その一方で、巨大な権力を持つ人が、公然と弱小野党を誹謗中傷することを卑怯と批判しない。少し先のうすら寒い未来が透けて見えるようだ。

 

これでも投票に行かないという人たちは、自分の未来に何が降りかかってくるか、怖ろしくはないのだろうか。

 

 

f:id:yonnbaba:20190719144118j:plain

これは冗談でも比喩でもない、本当の猫の災難。排水溝の格子にはまっちゃった猫。消防士さんに助けられたそうだ。

排水管に引っかかった猫。洗剤を使って救出 wedge: MBAホルダーが語るノンネイティブへの道

 

高齢者の自転車

地域の包括支援センターが主催する地域ケア会議があり、民生委員と老人会の代表として参加した。

 

テーマは高齢者の自転車についてだった。警察の方から愛知県下の交通事故について、詳細なデータの資料を見ながら説明があった。自転車事故の件数自体はさすがに一般のほうが断然多いが、死者数になると一気に高齢者の数が増える。とっさによけたり、かばったりができないからだろう。

 

豊橋市の場合、この4月からヘルメットが義務化され、10月からは保険も義務化されるそうだ。きちんと保険をかけている自転車も少なそうだが、高齢者でヘルメットをかぶって自転車に乗っている人など見たことがない。

 

罰則はないというものの、ヘルメットは万一の場合自分の命を守るものだから、次の老人会の例会では使用を呼びかけることにする。ヘルメットの購入代金を2000円まで市が補助してくれるそうだ。

 

私も自分が車を運転していた時には、高齢者の自転車は非常に恐ろしかった。どんな動きをするか予測がつかないからだ。実際、弘前にいた時、信号待ちで停車していたのに、凍結した路面で制御不能になった高齢者の自転車にぶつかってこられたことがあった。納車から数日のピカピカの新車だった(泣、これはホントに泣き!)。相手は年金暮らしの高齢女性で、修理代なんてとても払えませんと言われた(ますます泣き)。

 

今日の会議でも、歩くときは杖をついてやっと歩いている人が、自転車に乗るとシャカシャカ走っていると話題になっていたが、私の周囲にもそういう人はいる。また私自身も、昨年足が悪くなってみて、歩行が困難になるとつくづく不便なことも実感した。タクシーを使うと言っても、徒歩数分のところではさすがに頼みにくい。高齢者ほど自転車が手ばせないという事情もよく分かる。

 

だからこそ、乗らねば暮らせないのなら、安全に乗ってもらう工夫をしましょうというのが、今日の会議の目的だった。警察でも、自転車講習の場を設定すれば、指導の人材はよこしてくれるということだった。市役所の担当課でも、依頼すれば講習会(こちらは座学)をしてくれるそうだ。

 

でも、一番の悩みどころは、問題のある人ほどこういうものに参加してくれないということだ。

 

 

f:id:yonnbaba:20190718193442j:plain

                      (写真はネットからお借りしました)

インビザラインが始まった

完成したマウスピースがアメリカから届いて、いよいよインビザラインによる歯の矯正が始まった。

 

まずは上の歯から装着スタート。歯の表面に何か所か突起をつける作業。さまざまな調整を経て装着が終わるまで、口は開けたままだ。30分くらいだったのだろうが、自分の感覚ではもっと長く感じた。しょっちゅう定期検診もしていて口を開けていることにはかなり慣れているほうだと思うが、今日は少々大変だった。

 

装着が終わると、先生から歯科衛生士さんに交代して、着脱の練習。これがまた始めはまるでコツが分からなくてちっともはまらず、いたずらに冷や汗やらいらぬ唾液やらばかり溢れる。外す方は比較的簡単だったが、せっかちで細やかさの足りない私は、高価なマウスピースを傷めてしまわないか心配だ。気を付けて取り扱うようにしなくては!

 

夕食時には外して食べるのだが、歯の表面の突起が気になる。だんだん慣れるだろうか。今までのようにひんぱんに間食したり、気軽にコーヒーを飲んだりできなくなりそうだ(ついでにダイエットできるといいな)。装着感としては、いくらか歯が圧迫されているような感じはあるが、気になるほどではない。

 

一週間後、今度は下の歯にも装着する。これを食事の時以外、一日20時間、できれば22時間くらい装着し、3か月暮らす。さてさて、満足のいく効果を得られることやら?である。

 

 

f:id:yonnbaba:20190716182603j:plain

あまりご覧になりたくないかもしれませんが、ウン十万円のうちのなん分の一かのブツ。

 

信州から届いたブルーベリーほか

信州から摘みたてのブルーベリーが届いた。「二人で摘んできました」とある。吹奏楽漬けの孫はもうすっかり別行動で、このところはもっぱら新婚時代のように、夫婦での休日になっているらしい息子たちからである。

 

f:id:yonnbaba:20190715180408j:plain

甘くておいしい。

 

昨日会った友人からのメールに、「会ったとたん、50年以上の時がタイムスリップ」とあった。本当にそうだ。15年ぶりどころではなかった。ゆっくりおしゃべりしたのは、同じクラスで過ごした小学生の時以来なのだ!

 

ご近所さんからまた大きなキュウリをいただいた。「今年は豊作で・・・」と仰るので、お日様が照らないのに大丈夫なんですかと伺うと、今年買った苗は、育てた人がいいらしくて、成長も収穫もとてもいいとのこと。名前を覚えておいて来年もまたその人のものを買うとのこと。植物も、若い時の生育環境が大切らしい。

 

体温を上げるための温活ドリンクを飲み始めて4か月半ほどになるが、体温はいっこうに上がる気配がない。相変わらず朝一番に測る体温は35度台ばかりだ。まだまだ効果を求めるのは気が早いのだろうか。まあ、豆乳は体にいいので続けるけれど・・・。

yonnbaba.hatenablog.com

 

国境なき医師団からいつもの便りが届く。そういえば、この前”言い出しっぺ”が、1年の半分を国境なき医師団で働き、残り半分をフリーの外科医として働いている女性医師のドキュメンタリー番組を見たと話してくれた。

 

医師団の報酬は、なんと月15万円だとのことだった。なんと尊いお働きだろうとびっくりして、思わず「もっと協力しなくては・・・」と言葉がこぼれた。中村哲医師のペシャワール会にしてもこの医師団にしても、本当に経費を切り詰めて活動していることを感じる。大きくなりすぎてしまったユニセフからは感じられない点だ。

 

f:id:yonnbaba:20190715182947j:plain

 

 

梅雨が明ければ猛暑だろうとは思うけれど、こんなにうっとうしい空模様が続くと、やはりお日様が恋しい。どんよりした窓外を眺めながら、とりとめのない雑感をしたためた。

 

 

15年分のおしゃべり

昨年、誕生日の近づいたある日、思いがけないプレゼントで喜ばせてくれた友人から先週便りがあった。この三連休に帰省するので、時間があったら土日のどちらかで会いませんかというものだった。土曜は新聞社回りとスタンディングの交流会の予定があり、日曜は老人会の例会だったが、午前中なら空いているので早速約束を交わした。

 

yonnbaba.hatenablog.com

 

そうして当日が来た。前回会ったのは、「今回は中学校の同窓会に出てみようかと思うので、〇〇〇ちゃん(小学校からの友人なので)も参加しませんか」と声をかけてもらって、同窓会の会場で何十年ぶり?かの再会を果たした時だ。あれから10年くらいかしらねと話したのだが、帰宅してからその同窓会の写真を出してみたら「’04 9 4」と印字があったので、すでに15年近くたつことになる。

 

駅ビルにあるホテルのティーラウンジで会うことにしていたのだけれど、二人とも約束の時間より早く着いていたようで、駅ビル内のショップの通路ですれ違った。「アラッ?!」と思って振り返ると、あちらも同じだったのか振り返っていて、「〇っちゃん!」「〇〇〇ちゃん!」と同時に声を出していた。

 

10時オープンのティーラウンジはまだ何分か早かったのだけれど、ポールフェンスを片付けて席に案内してくれた。それから「今何時かしら」という友人の言葉で時刻を見るまで2時間半、ノンストップのお喋りだった。午後の予定が入っているのは私のほうなのに時を忘れていて、もう大急ぎで帰らないと馬車がカボチャに・・・はならないが遅刻してしまう。名残は惜しかったが、再会を約して別れた。

 

友人がこのブログをよく読んでくれて、私のことを分かってくれているということもあるが、そうでなかったとしても、15年でも20年でも、ブランクを超えて語り合えるのが幼なじみの友の良さだろう。クラスこそ小学校しか一緒にならなかったが、彼女とは高校まで一緒だったので、子供時代や青春時代の話から、老化の話も政治の話もと話題は飛びまくったが、打てば響く気持ちよさでお喋りを満喫した。

 

〇っちゃん、夢のような楽しい時間をありがとう!

 

 

f:id:yonnbaba:20190714173501j:plain

小学校1年生の学芸会の劇『桃太郎』。彼女はおばあさん役でした(〇っちゃん、無許可でごめん!)

 

 

 

久々の新聞社回り、道路は渋滞

先日ちょっと触れた”言い出しっぺ”発の新しい取り組みの宣伝で、今日は新聞社回りをした。今まで豊橋スタンディングの活動などをよく取り上げてくれた地元の小さなH新聞社は、電話で事前に約束を取り付けていた。その他の新聞社は受付で説明するだけで記者とは会えないので、特に約束は取らなかった。

 

いつも同じ顔では新鮮味がないからと、今回は”言い出しっぺ”は加わらず、新たに若い女性2人(40代と50代。当人たちは若くはないと言うが、私たちから見れば十分若い)に参加してもらった。

 

私は同じ方面かららしいKさんが途中でピックアップしてくれるというので、分かりやすい近所のレストランの前で待ち合わせたのだが、定刻少し前に渋滞にはまっていて遅れそうだから、こちらに向かって歩いてきてほしいとラインが入った。

 

なんとか拾ってもらうことができたが、もう一人のSさんとの約束にも遅れてしまうので、そちらにも連絡を入れる。こういう時、携帯電話のある現代は本当に助かる。昔なら家を出たが最後、もうひたすら待つしかなかった。

 

少し早めに落ち合って、現役で働いていて、今までの全容を把握しているわけではない彼女たちに今日の説明内容など話し、私はなるべく陰に控えようと思っていたのだけれど、突然の道路事情で打ち合わせの時間が無くなってしまい、結局私も大分口をはさむことになってしまった。

 

今までずっと私たちの活動に対応してくれていた年配の男性記者さんが、1年ほど前に病気で亡くなってしまったため、今回はSさんと同年代くらいかと思われる女性の方だった。子育て世代だからか、あるいは産む性である女性特有の感性なのか、原発問題には敏感に反応し、非常に真剣に話を聞いてくれた。

 

また、従来の団体のような組織を持たず、思いを同じくする個人が集まって、できる人ができる範囲で動く緩やかな活動の仕方にも、共感を示してくれて話は大いに盛り上がり、1時間近く話していた。秋のチャリティー・アート展もまた記事にしてくださるとのことだった。

 

f:id:yonnbaba:20190713174943j:plain

現在取り組んでいるアンケート活動。ごく簡単な原発についてのアンケートをきっかけに、福島のことや政治について話し、考えてもらい、できれば投票へ・・・。(地元選出の国会・県会・市会議員にも記述式の理由附記のアンケートを実施。一般と、この議員へのアンケート結果を、11月のアート展の一角で発表する予定。)

 

 

このあと市内の主な新聞社4社を回り(3社は完全休業でポストに資料を入れるだけ、1社は受付で簡単な説明)、今日の新聞社回りを終えた。

 

帰りの道も交通量が非常に多かった。雨模様ではあるけれどそれにしてもなぜこれほど?と思ったら、世間では今日は三連休の初日だ。それが関係したのだろうかと思いいたった。

 

 

 

 

ミニバッグとお弁当きんちゃく作り

若いころはぼーっと時間を過ごすのが嫌いで、この時間でこれをした、この時間でこれを作った、と納得のいく「あかし」のようなものを残したかった。それで、子育て中も寸暇を惜しんで編み物をしたり洋裁をしたりした(作り始めると夢中になりすぎてしまうため、公文の仕事を始めてからは封印した)。何かを作れば、時間が形になって、一番安心できた。

 

それなのに、そのころより残り時間が少なくなった現在のほうが、そんな気持ちはきれいに消えて、平気で怠惰に過ごしているのだからおかしなものだ。現在は基本的にモノを作り出すことはしないことにしている。

 

唯一と言っていい例外が、コスモス会でのハンドクラフトの日だ。今までも折り紙で小物を作ったり、伊勢型紙の技法で絵葉書を作ったりした。

yonnbaba.hatenablog.com

yonnbaba.hatenablog.com

 

そして、今日は何十年ぶりかと思うようなお裁縫。ミニバッグとお弁当巾着作りだった。先週、ハンカチやバンダナを用意すれば簡単と聞いていたので、私はバンダナを持って行った。4か所直線縫いをするだけなので、非常に簡単だった。ほかの方たちはもう少しちゃんとしたミニバッグのほうを作っていらした。

 

f:id:yonnbaba:20190712203212j:plain

おしゃべりしながらチクチク縫い物。『赤毛のアン』にはよくご婦人方が集まって縫い物をする場面が出てきたっけ・・・。

 

 

f:id:yonnbaba:20190712203440j:plain
f:id:yonnbaba:20190712203416j:plain

ミニバッグときんちゃく。どちらも教えてくれた方の作品。

 

f:id:yonnbaba:20190712203610j:plain

作品を紹介している雑誌。

 

日本語教室は来週もう一回あるけれど、コスモス会はこれで9月まで夏休み。