よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

プロの仕事と浴室壁の思い出

私の住んでいる集合住宅の浴室は、コンクリートの空間があるだけ、という実に簡素なものだ。そこに居住者の裁量で風呂釜や浴槽を設置することになっている。

 

大きいけれども不便だった婚家を出た後、息子たちと3人で住んだ弘前の借家が、お洒落で便利にできた快適な家だったため、今の家に入居した時にはがっかりすることが少なくなかったが、中でも浴室の殺風景さには悲しくなった。

 

そこで、せめて壁に明るい色を塗ることにした。高校生と大学生を抱え、一から出直した仕事でまだ収入も少なかった時だったので、塗料を買って自分で塗る計画を立てた。ところがいざ塗る段になると、長男がやると言って譲らない。

 

離婚以前から、母親である私を守らなければという意識を強く持っていたらしい彼は、3人の家族になってから、いっそう男の自分が大黒柱代わりにならなければという責任感を強く持っていたようだ。がんとして譲らないため私が折れて、長男に任せた。結果的に、私がしたよりもずっと丁寧な仕事になったと思う。

 

こうして、寒いなか息子が苦労して塗装してくれたおかげで浴室は気持ちよく明るくなったのだけれど、いかんせん素人のすること。何年かすると、あちこち剥がれて情けない状態になってしまった。

 

ちょうどその頃、ガス器具の点検に来た担当店の人が、新型のコンパクトな風呂釜に換えれば、スペースいっぱいの大きな浴槽が入れられますと勧めてくれたので、交換してついでに壁面の塗り直しもお願いした。

 

さすがにプロの仕事は仕上がりもまるで違ったけれど、それ以上に感心するのは持ちの良さで、10年以上経ってもびくともしなかった。

 

それでも一昨年あたりから、天井のコーナー部分などにいくらか剥がれが見受けられるようになってきた。まだまだこの先20年やそこらはここに住むのだろうから、そろそろ改修の時期だろうと思い、以前業者を世話してもらったガスサービスの担当店に依頼した。

 

その工事日が今日だ。前回はちょうど風呂釜や浴槽を交換するのと同時だったので、何もない状態で塗装できたが、今回はてっきりそれらを汚さないよう養生したうえで、塗れる部分だけを塗るのだろうと思っていた。ところが、朝、まず浴槽や釜を取り外しにガスショップの人が2人来て何もない状態にし、それから塗装の方が作業に入ったのだ。

 

つくづく、プロの仕事とはこういうものかと感心する。DIYの楽しさというものももちろんあるし、私はどちらかというと自分で工夫して暮らしを快適にするのが好きだけれど、餅は餅屋ということもあるなあと思うこの頃だ。

 

という訳で、ガスショップさんに、新たに台所の壁や床のリフォームの見積もりもお願いした。たのしみ・・・。

 

 

f:id:yonnbaba:20171107152619j:plain

こーんなワケにはいかないけどね。