読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

街歩きで懐かしいものと出合う

暮らし

先日、NHK文化センターの帰りに珍しく路面電車に乗らずに駅まで歩いたときのこと。子供の頃の思い出に繋がる懐かしい場所や建物にしみじみした、個人的な記録。

 

 

f:id:yonnbaba:20161204202055j:plain

「ペンショップオーテ」というお店。これは広小路の本店で、もうひとつ呉服町に支店として、同じペンをかたどった建物でペンの胴部分が赤い色のお店があった。赤色の支店の方が私の小学校時代の友人の家だった。友人にとって伯父さんちだったこちらの店には3つ違いの私の兄と同級の人がいたこともあって、なんだかとっても親近感を覚えていた思い出深い場所。とっくにお店はやめてしまったけれど、豊橋の街の名物でもあった特徴ある建物は健在。

 

 

f:id:yonnbaba:20161204203034j:plain

「帽子 上海堂」と看板の出ているお店は、帽子が好きだった私の父が利用していた店。子供の頃連れられてきて、私もここで帽子を買ってもらった記憶がある。水曜日で定休なのか、それとも廃業してしまって閉まっているのか・・・。いまでは帽子専門店なんて、地方都市では相当苦しいだろうと思う。

 

 

f:id:yonnbaba:20161204203632j:plain

路面電車の走る通りにある「神明公園」。公園内は小ぎれいに改装されてしまったが、子供の頃からここにあった公園。大きな木はきっと子供だった私を知っているはず。

 

 

f:id:yonnbaba:20161204203921j:plain

ちょうど通過する路面電車を公園内からパチリ。

 

 

f:id:yonnbaba:20161204204026j:plain

ここはコンクリートで作られた丸い噴水池だった。たしか真ん中に裸婦の像が立っていた。

 

 

こういう風景に出合うと、家にばかりこもっていないで、何も用事のない日にブラブラ歩かなきゃと思う。先日、inuwanさん(id:inuwan33)に「画集で喜びを得るより、自分の目で見て喜びを得る風景を探してみてください」というコメントをいただいて、私のそばにはinuwanさんのところみたいに美しい自然がないもの・・・と思ったけれど、街なかにも心を動かす風景はあるんだと気付かせられる。見つけるのは自分自身だ。