読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

長い一日、猫はながーいお留守番

今日は市内のある私立高校の卒業式で、スタンディングのメンバーで校門前でのビラ配りをした。「卒業おめでとう!そして政治に関心を持って、選挙には行こうね」というような内容のビラだ。一斉に出てくるわけではないのでなかなか時間がかかり、11時前から立って、終わったのは1時過ぎだった。

 

 

校門前で卒業生の「出待ち」

f:id:yonnbaba:20160219223331j:plain

 

 

そのあとPEACE展の午後の当番に当たっているので、同じ当番の仲間の車に乗せてもらって作品展の会場に移動。会場のギャラリーカフェの個室を使って、選挙の投票率を上げる作戦会議と作品展の案内とを並行して行う。初日と違い、十分会議をする余裕があるのではないかと思ったのだけれど、嬉しい誤算で来客は途切れることがなく、交替で案内に当たった。

 

終了の5時少し前、「まだいいですか?」と入ってみえた若い女性がとても熱心に作品を見てくれて、私たちの活動にも関心を持って話をいろいろ聞いてくれた。平和や反戦を訴えるテーマでも、重くなりすぎたり主張が強過ぎたりしないところをとても気に入ってくれた。そして「こういう時代に何もできずにいる自分と比べて、みなさんはすごい」と嬉しいことを言っていただいた。

 

私の短歌も気に入ってくれて、こういう作品展に行ったと発信したいので写真を撮ってもいいですかと仰るので、どうぞどうぞと受けると、せっかく作者がいるのだから一緒に入って・・・ということで、なんと作品と一緒に写真に写ってしまった。ネットの海のどこかに漂っているかも知れない。「ぜひまた次の作品展をしてください」とも言ってくださったけれど、私たちは早く安保法を廃止し安倍内閣を退陣させて、普通の生活に戻りたい!

 

そんなこんなで作品展会場に5時半頃までいて、それから駅前のスタンディングへ。そして安保法制の成立した19日の今日は毎月の全国統一行動の日で、スタンディングのあと6時半から集会、そしてコールの練習をして7時すぎにはパレードに出発・・・片付けモロモロを済ませて、家に帰り着いたのは9時前だった。

 

f:id:yonnbaba:20160219225231j:plain

 

なにせ偏食でドライフードはほとんど食べないドリーム。気に入った缶詰でも時間が立てば食べようとしないので出していく訳にいかず、さぞお腹を空かしていることだろうと駅から走るようにして帰った。さすがに、近頃では刺身をやった時くらいしか見たことのない食べっぷりだった。

 

10時過ぎに家を出て、ランチにありついたのが2時過ぎ、夕飯は帰宅してからの9時と、長い一日だったが、高校生やその親御さんたちは多くの方が気持ちよくビラを受け取ってくださったし、PEACE展では思いがけない20年ぶりに近い再会があったり、若い女性が私たちの活動に感激してくれたり、とても中身も濃くて充実の一日だった。

 

お利口にお留守番できたドリームにも感謝。(今、私の腕の中にいる)

 

 

 

今日はアップで取ってみました

f:id:yonnbaba:20160219223739j:plain