よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

苦手なスケジュールびっしりを乗り越える

仕事を辞めてから2年半になるけれど、今週がこれまででおそらく一番忙しい一週間だろう。毎日予定が入っているというだけではない。全て2つ以上入っている。

 

前から書いているように、ユネスコの平和学習出前授業が3校入っているほかに、スタンディングの会の新聞社回りが入り(夕方スタンディングにも参加)、さらに自分のお稽古(複数)もあり、地域の役目の会議、それにファミリーサポートの保育園送迎も入った。講演会も2つ参加することになっている。

 

でも、今日は木曜日、週も半ばを過ぎた。

 

出不精で怠け者の私は、本来予定がいっぱい入っている状態は好きではない。お婆さんネコが起こしてくれるので朝は結構早く起きるけれども、出かける時間を気にしないでグズグズだらだらしているのが好きだ。

 

だから午前の予定が入るのが一番弱い。明日は何時にどこそこに到着しなければいけないと思うと、そこからルートなどを考えて順に逆算し、家を何時に出る必要がある、などと何日も前から考えるから気持ちで疲れる。今週のように詰まっているとさすがに何日も前から考える訳にいかず、一つひとつ、目の前の予定をつつがなく消化していくことに注力せざるを得ないけれども。

 

明日の出前授業は1、2限なので最も苦手なタイプだ。8時前に家を出なければならない。コーヒーを飲みながら皆さんのブログを訪問したり、ネットの情報をチェックしたりする時間がない。頑張って朝からエンジンの回転をあげないと!

 

 

ボケないためには「教育(今日、行くところがある)」と「教養(今日、用事がある)」が大切なのだそうだから、こんなに忙しいのはありがたいことではある。

 

 

f:id:yonnbaba:20151022220127j:plain

やっぱりなごみたい時は、のほほんドリームのお気楽な寝顔ですね。