よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

蚊の進化

この夏のある日、私は発見しました。

最近の蚊はすごい、見つけられにくいように羽音をたてなくなった・・・。


夜、寝ようと思って床に入るとしばらくしてあのキーンという音。「あっ、蚊がいる」
そう思うともうそのまま寝るわけには行きません。

せっかく気持ちよく眠りに落ちかけていても、もう一度起き出してにっくきヤツを退治しなければ、おちおち寝られません。猫たちもいるし我が家は蚊取りの薬剤を使っていないのです。

そんな夜がひと夏に何回かはあったはずですが、今年は全くありません。でもたまに朝起きると足が痒かったりすることはあります。

で、気付いたのです。見つかりにくくするために羽音をさせないように進化したのだと。
スゴイ、一寸どころじゃない小さな虫にも五分の魂!


それからしばらくたったある日の会社で、またしてもキーンという音はないけど蚊が私の周りを飛んで隙を狙っています。ふと気付いて近くの席の30代の男性社員に聞いてみました。
「蚊が飛んでる時キーンって音してる?」
彼はごく当たり前のように「してますよ」と答えました。



そう、そうだったのです。

蚊の進化でもなんでもない。私の「退化」です。

モスキート音が聞こえなくなった! トホホ。。。