よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

還暦祝い旅行前夜・・・

のはずでした。でも、お婆さん猫たちに留守番させるのがなんだか可哀相でとりやめにしました。替わりに息子一家が明日から我が家に遊びに来てくれます。旅行のためにとっていた二泊三日をうちで過ごします。久しぶりに賑やかになります。

旅行をやめたのだから、せめておいしいものを食べに行きましょうとの嫁の提案で、お店も予約してくれているようです。楽しみにしていたのですが、なんと間の悪いことに以前かぶせものをした歯が、おとといの夜欠けてしまったのです。何とか入れてもらった歯科の予約が明日のお昼。1回の受診では治らないでしょうから、せっかくおいしいものを食べるのに思いっきり噛むわけには行きそうもありません。心がけが悪かったのかしら。

ま、食べる方はこれ以上歯が欠けないよう少し控えめにするとして、久々のおしゃべりをめいっぱい楽しむことにいたします。高学年の4年生も半年が過ぎて、孫もさらに成長していることでしょう。それはそれは天真爛漫で元気すぎるほど元気な子で、電話の時などいつも大変な賑やかさだったのが、このところそばにいないのかしらと思うほど静かになってしまいました。

この前夏休みにひとりで泊まりに来た時は、猛暑にもめげずザリガニ釣りに出掛けたものの、さすがに暑くて近くのコンビニでアイスを買って食べたりしました。今回はもう虫取りもできないし、お天気も悪そうなので、隣の小学校に遊びに行くこともできそうにありません。


小学校と言えば、これから休みの日は校門に鍵をかけて入れないようにすると、この間回覧が来ていました。孫が来るといつも校庭に遊びに行っていたのに、寂しい時代になりました。