読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

ぐずぐず台風

おとといから台風の影響を受けています。月曜日はまあ、ギラギラ太陽を雲が隠してくれたお陰で猛暑ひとやすみとなりありがたかったのですが、3連休明けの昨日はいきなり風雨をついての出勤となりました。おまけに昼少し前、仕事で銀行に行く途中、まだ買って間もないお気に入りの傘の骨がすごい風のために曲がってしまいました。うぅ〜〜かなしーー!でも風で飛ばされてきた物があたって怪我をする人もいるのだから、それを思えば傘1本くらいの被害で済んだら幸運というものです。我慢しましょう。

今朝もちょうど家を出ようとする頃に雨がとても激しくなり、傘1本の値段よりタクシー代のほうが安いかも・・・とタクシー会社に電話をしたのですが、思いは皆同じ?、何度かけなおしても話中ばかり。これでは繋がったところで車が来るのに相当時間がかかりそう。がんばって駅まで歩くしかありません。さいわい何とか傘も私も無事に会社までたどり着きました。

行きはヨイヨイでも、帰りがまた大変かなと心配しましたが、意外なことに午後にはだんだん雨は収まり外は薄日も差してきました。台風はどうなってしまったのでしょう。ネットで情報を見ると、まだまだ東海地方の近くにいるようなのですが、大分勢力が弱まったのでしょうか。


会社のパートさんがお子さんを何年も預けている保育園のかたに、今日始めて「豊川の水位が警戒水位まで上がっているのでもしもの時には責任が持てないが、それでもいいのならどうぞ」というようなことを言われたそうです。こんな風に言われてしまうとやはり不安だからということで、パートさんは仕事のキリがつき次第帰りました。今まで豪雨や台風の時でもこんなこと言われたことなかったのに・・・と不思議がっていましたが、東日本大震災のような信じられないほどの災害に遭遇して、今日本中が災害に過敏になっているのかもしれません。過剰なくらいに万全に備え、避難も早めにして、「なあんだ、大したことなかったね」と撤収できるのがいちばんです。毎度毎度そうなるのが理想です。今はまだそう思えます。でも、これがまた5年、10年・・・と時間が経つと、慣れてしまうのかもしれません。天気予報では大げさなこと言ってるけど、どうせまた大したことないよ・・・ということの決してないようにしなければ!と思います。


陽が差してきたわ・・・