読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

アーチは大切に

暮らし

足の痛みが始まってから1年以上経つ。何をしたでもなく始まったので、放っておけば治るかと思ったのだが、一向に治まらないどころか、むしろ少しずつ強まって来るようにすら思う。観念して受診することにし、今日国際協力コスモス会の帰りにクリニックに行った。

 

結果は、足のアーチが無くなったことから来る痛み、とのことだった。「年をとると、いろいろ不都合が出てきて、うまく折り合って行くしかないんですね」と言うと、先生も「そうですね」と仰った。レントゲンを撮るまでもないようなので、それで帰ってきた。料金は初診料のみの850円。

 

体の不調を放っておいて治るのは、若い時だけなのかも知れない。極力医者にかかりたくないけれど、もしちょっとしたことで簡単に治るのなら治したい。どのあたりで受診するかの判断が難しい。

 

先日介護保険料の払込票が届き、65歳になったけれどもまだしばらく年金からの天引きにはならないので、払い込むか自動引き落としの手続きをするようにという。いつごろから介護保険のお世話になることやら・・・。

 

国の社会保障関係費を増やさないためにも、せいぜい食べる物に注意し運動を心掛け、健康保険も介護保険もあまり使わないで暮らせるようにしたいものだ。

 

とりあえず、足の健康を取り戻すよう足指の運動をしたり、専用の靴の中敷きを探したりしなければ!

 

 

f:id:yonnbaba:20160617143930j:plain