読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

ちい兄ちゃん!

ねこ 暮らし

ちい兄ちゃん、

この間は具合の悪くなったアタシに会いに来てくれてありがとう。

あのあと少し元気になったんだけど、

今日はちょっとしんどいんだ。

お母さんも応援してくれてるし、

なんとかここを乗り切って、

また元気なアタシに戻りたいんだけどね・・・。

 

生まれてまだ間もない、

何でも拾い食いしておなかピーピーの、

ノミだらけだったちっちゃなアタシを、

ちい兄ちゃんは自分の部屋にいそうろうさせてくれたよね。

箱入り娘だったオーガスト姉さんがアタシを見るとパニックで、

フーッ!フーッ!って大変だったから、

姉さんが開けられない「ドア」で仕切られる、

ちい兄ちゃんの部屋に隔離してもらったっけ。

あのときちい兄ちゃんが「こんな汚いチビ知らない」と言ってたら、

アタシはどうなってたんだろう。

ううん、アタシよりオーガスト姉さんが恐怖のるつぼだったかも。

 

オーガスト姉さん!

賢くて気位高い姉さんは、

じゃれたくてちょっかいかけるアタシをいっつもうるさがったけど、

けっきょく後輩のアタシになんでも譲ってくれた。

姉さんがいなくなって、つまんなくなっちゃった・・・。

もし、お母さんやちい兄ちゃんとお別れすることになっても、

今度は姉さんとまた会えるんだよね。

姉さんはうるさがるかもしれないけど。

 

ちい兄ちゃん、

次はいつ頃帰って来れるかな?

今度は元気になったアタシを見てもらえるといいんだけどね。

なるべく、頑張る!

 

by ドリーム

 

f:id:yonnbaba:20160611212532j:plain

チビスケのころのアタシ。

姉さんと親子みたいに似てるけど、赤の他猫。