読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

ママの会で「デモクラカフェ」第一回を開催

社会のこと 暮らし

今日は安保関連法に反対するママの会@三河主催の、「デモクラカフェ」の第一回が開催された。会場は駅から徒歩10分くらいの商店街のイベントスペースHANAKOYA。

 

HANAKOYAさんのフェイスブックページから写真を借用

f:id:yonnbaba:20160221184952j:plain

この写真だと分かりにくいが、畳が敷かれた部分がフロアから30センチほど高くなっていて、小さい子供たちを遊ばせるのに少々気を使うところが残念だけれど、畳部分がホットカーペットになっているのは快適だった。電気ポットはあるけれど、基本的にここはスペースの提供のみで飲食料は持ち込み。

 

チラシを市内各所のお店に置かせていただいたり、ミニコミ紙に告知を掲載してもらったり、フェイスブックでも発信したけれど反応はいま一つで、スタッフばかりになるかと心配したけれど、ふたを開けてみれば新しい参加者が6人も来てくださって、話も弾んで大成功だった。

 

「投票しなくてはと思っているけど、具体的な候補者とか、選挙のことってよく分からない」という質問があり、女性ばかりのスタッフもあまり実際の選挙に強い人はいなかったため、急遽向かいの喫茶店で待機してくれていたスタンディングの男性メンバーを呼びに行き、愛知県第15区の選挙状況について解説してもらった。

 

私は今日は保育担当として参加した。たいして経験値はないけれど、それでも、いちおう市のファミリーサポートの会員だし、赤ちゃんや幼児と遊ぶのは楽しい仕事だ。今回のお子さんは3人で、みんな4、5歳児なので危険がないよう見守ることが中心だった。初めのうちは良かったけれど、だんだん本領を発揮し始め、ちょっと賑やかな会議になってしまったが、5歳の元気な男の子がいれば仕方のない所だろう。2時間、怪我もなく無事に終わって良かった。

 

f:id:yonnbaba:20160221184124j:plain

選挙の話を聞く参加者たち

 

 

12時にこのイベントが終了し、そのあと昼食をとって、午後は市の子供関連施設(愛称ココニコ)の前で来月のデモクラカフェのチラシ配り。半月ほど前に名古屋のママの会が行ったパレードの時に作った「この子を戦争には行かせませんよ」の画像をプリントした風船も配ったのだけれど、今日はとても風が強かったので、5、6個まとめて風船を持っていると風の抵抗がものすごく、飛ばされそうだった。

 

3月のデモクラカフェのチラシ

f:id:yonnbaba:20160221192506j:plain

これは校正前のもので、真ん中の日程は3月13日SUN

 

 

ピューピュー激しく吹く風の中、風船の大変な力に抵抗しながら立っていると、我ながら連日よくこんなに政治の活動に時間や労力をかけて・・・と呆れる。それもこれもあの暴走する政権のせいだ!と腹が立つけれど、でも考えてみれば私たち国民の多くは、戦後70年間平和憲法に守られて安穏に過ごし、憲法に謳われている「不断の努力」を怠ってきた。その70年分のツケがいま突きつけられているのだ。あまりに貯め過ぎてしまったのだから、しばらく大変な思いをするのも仕方のないこと。ここで踏ん張ってちゃんと民主主義を取り戻したら、二度と権力の暴走を許さないよう、しっかり「不断の努力」で見張っていかなければならない。