よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

夜中にピアノレッスン

以前掲載した写真

私がピアノの練習を始めると、爆睡中でも律儀に起きて来て、こんな風にじっと聴いていたドリーム。


だんだん興味が募って、こういう状態で観察学習するように。

あの、ドリーム、楽譜見るのに邪魔なんだけど・・・。



そのうち大胆にも鍵盤の上を歩き出し、『柔道一直線』の近藤正臣さん状態(4足だけど)。これでネコ踏んじゃったを奏でたらすごい!って言ってられない。コラーッと強制排除。



そのうち、朝起きるとピアノに被せているカバーの布がグシャグシャしてて、明らかに彼女がその上を歩いたことがバレバレの状態になっている。

ううっ、ドリームめ、ピアノを弾きたいという誘惑を抑えきれず、鬼(ワタクシ)の居ぬ間に練習したな!私は知らずに眠っていたけれど、もしかして夜中にピアノが鳴っていた?



かくしてピアノ練習後はいちいち電源を抜かなければならない羽目に・・・。