よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

スピーチとポットラックパーティー

夏休みが二回入ったので半月ぶりの英会話教室でした。今日は『夏休みについて』話すスピーチクラスです。そしてそのあとポットラック(持ち寄り)パーティーでした。

いつもチビちゃんが、先生のお子さんと生徒のお子さん(どちらも2歳の男の子)のふたりはいるのですが、幼稚園も夏休みで、今日はあとふたり生徒のお子さんが参加して賑やかなクラスになりました。正確に言えばもうあとひとり先生の生後二か月の赤ちゃんもいます。パーティーのときママがみんなの手作り料理を食べていたら、バスケットの中でお腹がすいたのか泣き出しました。私が抱っこしてユラユラ、トントンしていると、おっぱいも飲まずにすやすや寝てしまいました。安心しきって眠っている幸せそうな寝顔、腕にずっしりと来る重量感、もちもちふっくらのほっぺ、全てがいとしく懐かしくあまやかな感触です。赤ちゃんって本当に幸せの天使です。ただそこに存在するだけで、周囲の人を柔らかな空気で包み込みます。世界中の赤ちゃんがこんなふうに周りの人みなに愛されて穏やかに健やかに育って欲しいものですが・・・。

さてお料理の方ですが、何の打ち合わせもしていなかったのですが、不思議なくらい主食、メインディッシュ、サブメニュー、デザートと揃い、ちょっとしたホテルのランチバイキングさながらでした。冷やしうどん(ネギ、みょうがの薬味にトッピング用の一口サイズの天ぷらまであり)、ドライカレー、タンドリーチキン、手羽元のソテー、ラタトゥイユ、チヂミ、シュトーレン、ういろう、フルーツ、といったところだったでしょうか。フルーツ以外はみな各々のお手製です。私はいろいろ迷ったすえラタトゥイユにしたのですが、これがなかったら野菜のメニューがなくなるところだったので、結果的にはこれにしてよかったなと思います。この他には主食系とデザート系を考えていたので、ラタトゥイユでとてもバランスがとれたと思います。私はポットラックパーティーはあまり経験がありませんが、おそらく野菜メニューを持参する人は少ないのではないでしょうか。これからも私は野菜路線で行こうかな?

このクラスがスタートして約一年(私は5月からの参加なのでまだ4か月目ですが)ということで、先生から生徒皆にプレゼントがありました。家に帰って開けてみると、『マンガ聖書物語』でした。隣の席の人が「前に先生から聖書を頂いて、申し訳ないけどまるで読んでないの」と私にささやきました。これなら誰でも簡単に楽しく最後まで読み通せそうですね。

スピーチを聞くと、それぞれ家族と楽しい夏休みを過ごしたようですし、3人目を妊娠中の方をはじめ、全員が元気に再会できて何よりでした。ポットラックパーティーの様子を写真にとってアップするつもりでいたのですが、「写真撮らせていただきます」とカメラを取り出して写そうとしたら、「バッテリー切れです。充電してください」ですって。なんで殆ど家で使っているのに家で充電切れにならないで、こういうときに限って切れるのでしょう。機械相手に悪意を感じてしまいます。そのような訳で残念ながら写真がありません。