よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

言葉の習得

春分の日の朝、ニュースで数日中に東京などで桜が満開になると報じていました。厳しい冬だったのにうってかわっての早い春です。夏からすとんと冬になり、冬から突然春になる。うつろう時間、少しずつ変化していくさまに妙味が多いのに、この頃の日本の気候は味わいを薄くしている気がします。

休日の朝ゆっくりコーヒーを飲みながら愛読しているサイトを読んでいたら、はたと膝を打ちたくなる文章に出合いました。(文章の最後のほう、入力疲れか二、三助詞の間違いがありますが)いつもいろいろなことについて教えていただいたり、考えさせられる内田樹先生のご意見です。

http://blog.tatsuru.com/

英語どころではありません。いま、本当に日本語は危機に瀕しています。