よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい