よんばば つれづれ

現在はこちらで書いてます https://hikikomoriobaba.hatenadiary.com/

デジタル時代だから手紙がなおのこと嬉しい

昨日子供たちの見守り当番を終えて帰ってくると、郵便受けに次男からの葉書が届いていた。

 

f:id:yonnbaba:20200205153123j:plain

年末から年始にかけて猛烈に忙しかったであろう次男に、思わず二マッとしてしまうような可愛い猫の絵葉書を先週送ったのだ。それに律儀に返事をくれた(親バカ)。チャコールグレーやダークグレーを通り越して、紛れもないブラックな労働をしているというのに、年賀状もちゃんと元旦に届いた。毎日サンデーの母が、今年から頂いた方にだけお返事を書くことにしてしまったというのに・・・。

 

 

f:id:yonnbaba:20200205154515j:plain

次男は音楽にのめりこんでしまい、普通の人より十年以上も回り道をしてしまった。モノにならなかった時のリスクも覚悟のうえで挑戦したのだから自業自得なのだけれど、以前も書いたように平安貴族の通い婚状態ゆえ、家に帰っても一人だと思えば、つい心配になって時々手紙を書かずにいられない。

 

LINEのやりとりもすれば電話もくれて、時に1時間も話し込んだりするけれど、やっぱり肉筆の手紙はまた格別で、しみじみと嬉しい(親バカ)。

 

今ならばそれこそ家族LINEでやりとりするのだろうが、息子たちがまだ家にいた20年以上前、私は仕事で息子たちは学校やバイトとすれ違いも少なくなく、私たちはメモ用紙に書いた手紙で連絡し合った。バイトならば、どんなに遅くても起きて待ち「お帰り」と声をかけてやりたいが、自分も明日の仕事を思うとそうもいかないので、メモに思いを込めた。

 

f:id:yonnbaba:20200205154624j:plain

息子たちのはユーモアにあふれ、彼らの返事を読むのが楽しみだった(親バカ)。このところの「整理したい病」でも捨てられず、こうしたメモが今も200枚以上残っている。

 

f:id:yonnbaba:20200205154543j:plain

 

息子たちの父親には慰謝料も養育費も1円も求めず、それなのに長男の大学進学で自宅通学させるため、軌道に乗っていた塾を人に譲って自分の故郷に戻り、仕事人生をリセットした。四十代も半ばになっていたのに、生来のわがままで納得のいかない職場はサッサと辞めて転職を繰り返したので、地位もなければ財産もつくれなかったけれど、このメモなどは私の大切な宝物だ。