よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

花粉症を忘れていた!

墓参に出かける道すがら、歩道のわきにヨモギが花をつけているのが目に入り、気が付いた。そうだ、もう秋の花粉症のシーズンが始まっているはずだと。例年なら遅くとも9月中には始まっている。ひどい年は「あっ、今日この瞬間にスタートした!」と自覚できるくらい顕著な症状がある。ところが今年はなぜか今日まで忘れていたし、気付いてしまった今も、それらしい症状は感じられない。

 

治ったのかしらと喜ぶのは早いだろう。今年は夏が長く、ヒガンバナの咲くのもかなり遅かったから、単にブタクサやヨモギの花も遅れているだけかもしれない。来年、再来年の様子も見なければはっきりしたことは言えないが、もしアレルギーが改善したのなら、温活ドリンクの意外な効用かも知れない。それ以外、今までと違うものは摂取していないのだから。

 

それにしても、いつまでも暑い。今日も電車を降りてから霊園まで歩いているときに、タクシーを使わなかったことを少々後悔したくらいだ。でも、川べりの道を歩いているとき、白いサギを先頭に、そのあとに十数羽のカモが従うように飛んでいく光景が見られ面白かった。そんなことを楽しめるのは歩いているからこそだろう。

 

墓参のあと、近くにある信用金庫がプレミアム付き商品券の販売所になっているので、過日届いていた購入引換券で、商品券と引き換えた。以前なら豊橋駅まで出れば、主だった金融機関の支店が揃っていたけれど、バブル崩壊リーマンショックで撤退が相次ぎ、ATMしかなくなってしまった。ちょうど霊園の近くに当該の信金があるので、墓参の時にと計画していた。

 

始めはこの政府のバラマキを利用する気はなかったが、私が利用するスーパーがこの商品券の利用可能なお店になっていたので購入することにした。そのお店の電子マネーで払ってたまるポイントより、この商品券のプレミアムのほうがはるかに有利なのだから、せっかくの権利を行使することを選んだ。

 

f:id:yonnbaba:20191015155033j:plain

1冊500円券10枚で4000円。5回に分けて購入することもできる。使用期限は来年3月末まで。

 

 

f:id:yonnbaba:20191015162659j:plain

一人で食事に出かけるのは苦手だけれど、出先でついでになら大丈夫なので、今日もマウスピースのケースを持参してランチ。豊橋名物なめし田楽のお店で田楽姫かご弁当。