よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

母猫(たぶん)が迎えに来た!

今朝早くからベランダで大人の猫の鳴き声がする。

昨日保護したちびちゃんと同じ毛並みの猫が、リビングの室外機に乗って部屋の中に呼び掛けている。中からはちびちゃんが鳴く。

ここの団地内でずっと野良として暮らしているらしく、よく見かける子だ。素晴らしい母性愛!

アオン、アオンと鳴き続ける声を聞いているのは、同じ母としてとても切ない。
このまま里親を見つけて引き離すのが彼女たちの幸せなのだろうか。

人間の傲慢ではないのか。
でも、野良暮らしはリスクは高い・・・。

 

母猫は網戸を開けた。が、サッシが動かないので諦めた。

育児放棄しているわけではないのだから、母猫にちびちゃんを返してやった方がいいのだろうか・・・。

 

 

f:id:yonnbaba:20190822065157j:plain

明けきらないうちから・・・。