よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

政府からのバラマキが届いた

立秋から10日ほども過ぎ、夜ともなれば虫の鳴き声が聞こえるようになったが、日中は相変わらずおそろしいような暑さだ。

 

トライアスロン東京五輪予選では、ランの距離を短縮したとか、レース後選手が救急車で搬送されたとかの報道がある。また水質検査の結果が悪く、17日のレースではスイムを中止し、ランとバイクのデュアスロンにして実施されたとか。

 

こんな状況でも、来年のオリンピック・パラリンピックを実施するのだろうか。アスリートの方々にとっては、日々積み上げてきた努力の成果を発揮する4年に1度の大舞台で、その後の応援を得られるかどうかの大切な機会でもあるのだろうが、それに文字通り「命を懸ける」ことになりかねない。あまりに商業主義になりすぎて、近頃のスポーツには白けた気分が強いが、さすがに命の危険さえある状況に、少々心配になるこの頃だ。

 

しかし、よほどの外圧でもない限り、決めてしまったことは「粛々と」進んでいくこの国。来年のオリンピック同様、10月の消費税増税も、さらにばかばかしい軽減税率や、増税に伴う低所得者層への対策としてのバラマキも、「粛々と」進んでいるらしく、低所得者である我が家にも、昨日政府からのご厚意が届いた。

 

 

f:id:yonnbaba:20190817153716j:plain

4000円で5000円分の商品券が買えるという、プレミアム商品券の購入引換券の交付申請書である。面倒なうえ、商品券の使用期限は来年の3月末。私は申請するかどうか検討中。ありがたみなど皆無。軽減税率やこれらの対策費、もったいないなあというのが率直な感想だ。