よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

久々の新聞社回り、道路は渋滞

先日ちょっと触れた”言い出しっぺ”発の新しい取り組みの宣伝で、今日は新聞社回りをした。今まで豊橋スタンディングの活動などをよく取り上げてくれた地元の小さなH新聞社は、電話で事前に約束を取り付けていた。その他の新聞社は受付で説明するだけで記者とは会えないので、特に約束は取らなかった。

 

いつも同じ顔では新鮮味がないからと、今回は”言い出しっぺ”は加わらず、新たに若い女性2人(40代と50代。当人たちは若くはないと言うが、私たちから見れば十分若い)に参加してもらった。

 

私は同じ方面かららしいKさんが途中でピックアップしてくれるというので、分かりやすい近所のレストランの前で待ち合わせたのだが、定刻少し前に渋滞にはまっていて遅れそうだから、こちらに向かって歩いてきてほしいとラインが入った。

 

なんとか拾ってもらうことができたが、もう一人のSさんとの約束にも遅れてしまうので、そちらにも連絡を入れる。こういう時、携帯電話のある現代は本当に助かる。昔なら家を出たが最後、もうひたすら待つしかなかった。

 

少し早めに落ち合って、現役で働いていて、今までの全容を把握しているわけではない彼女たちに今日の説明内容など話し、私はなるべく陰に控えようと思っていたのだけれど、突然の道路事情で打ち合わせの時間が無くなってしまい、結局私も大分口をはさむことになってしまった。

 

今までずっと私たちの活動に対応してくれていた年配の男性記者さんが、1年ほど前に病気で亡くなってしまったため、今回はSさんと同年代くらいかと思われる女性の方だった。子育て世代だからか、あるいは産む性である女性特有の感性なのか、原発問題には敏感に反応し、非常に真剣に話を聞いてくれた。

 

また、従来の団体のような組織を持たず、思いを同じくする個人が集まって、できる人ができる範囲で動く緩やかな活動の仕方にも、共感を示してくれて話は大いに盛り上がり、1時間近く話していた。秋のチャリティー・アート展もまた記事にしてくださるとのことだった。

 

f:id:yonnbaba:20190713174943j:plain

現在取り組んでいるアンケート活動。ごく簡単な原発についてのアンケートをきっかけに、福島のことや政治について話し、考えてもらい、できれば投票へ・・・。(地元選出の国会・県会・市会議員にも記述式の理由附記のアンケートを実施。一般と、この議員へのアンケート結果を、11月のアート展の一角で発表する予定。)

 

 

このあと市内の主な新聞社4社を回り(3社は完全休業でポストに資料を入れるだけ、1社は受付で簡単な説明)、今日の新聞社回りを終えた。

 

帰りの道も交通量が非常に多かった。雨模様ではあるけれどそれにしてもなぜこれほど?と思ったら、世間では今日は三連休の初日だ。それが関係したのだろうかと思いいたった。