よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

ミニバッグとお弁当きんちゃく作り

若いころはぼーっと時間を過ごすのが嫌いで、この時間でこれをした、この時間でこれを作った、と納得のいく「あかし」のようなものを残したかった。それで、子育て中も寸暇を惜しんで編み物をしたり洋裁をしたりした(作り始めると夢中になりすぎてしまうため、公文の仕事を始めてからは封印した)。何かを作れば、時間が形になって、一番安心できた。

 

それなのに、そのころより残り時間が少なくなった現在のほうが、そんな気持ちはきれいに消えて、平気で怠惰に過ごしているのだからおかしなものだ。現在は基本的にモノを作り出すことはしないことにしている。

 

唯一と言っていい例外が、コスモス会でのハンドクラフトの日だ。今までも折り紙で小物を作ったり、伊勢型紙の技法で絵葉書を作ったりした。

yonnbaba.hatenablog.com

yonnbaba.hatenablog.com

 

そして、今日は何十年ぶりかと思うようなお裁縫。ミニバッグとお弁当巾着作りだった。先週、ハンカチやバンダナを用意すれば簡単と聞いていたので、私はバンダナを持って行った。4か所直線縫いをするだけなので、非常に簡単だった。ほかの方たちはもう少しちゃんとしたミニバッグのほうを作っていらした。

 

f:id:yonnbaba:20190712203212j:plain

おしゃべりしながらチクチク縫い物。『赤毛のアン』にはよくご婦人方が集まって縫い物をする場面が出てきたっけ・・・。

 

 

f:id:yonnbaba:20190712203440j:plain
f:id:yonnbaba:20190712203416j:plain

ミニバッグときんちゃく。どちらも教えてくれた方の作品。

 

f:id:yonnbaba:20190712203610j:plain

作品を紹介している雑誌。

 

日本語教室は来週もう一回あるけれど、コスモス会はこれで9月まで夏休み。