よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

Long time no see!は「やっとかめ」

足の痛みがひどくなった8月後半あたりから、ボランティアのふれあい日本語教室も国際協力コスモス会も休ませてもらっている。無事に手術も終わり順調に回復しているので、そろそろ復帰しようと思えばできるのだが、今月はすぐに年末年始のお休みに入ってしまうので、来年から復帰することにしていただいている。

 

ところが数日前、日本語教室のスタッフの一人から連絡があり、13日はポットラックパーティで、車で送り迎えもするから参加しませんかとお誘いいただいた。ありがたくお受けして、今日久々に仲間の皆さんにお会いし、たくさんの方から体を心配する言葉や、いたわりの心遣いをいただいた。

 

yonnbaba.hatenablog.com

 

何か月も休んでいる間に、「初めまして」の生徒さんが増えていたり、休む前はまだほとんど目立っていなかった妊婦さんのお腹が、すっかり立派に張り出していたりという変化があった。もちろんチビッ子たちの成長ぶりは目覚ましい。

 

今回も和食に始まって、中国・インドネシア・ブラジルなど、様々なお料理がテーブル一杯に並び、なんとか全種類味見をしたいと頑張ったけれど、とてもすべて制覇することはできなかった。

 

珍しいお料理もあったのに、残念なことに写真を撮り忘れてしまった。おしゃべりもさることながら、これは明らかに食べるのに忙しすぎた証拠。なにしろ、病み上がりとはいえ、内科ではなく外科なので食いしん坊は健在だ。「胸が痛い」などと言ったばかりなのに美味しく食べられるのは、女性のハシクレとしては恥ずかしながら、生物としてはありがたいことだ。

 

タイトルに使った「やっとかめ」は三河弁で「久しぶり」。名古屋でも使うが、名古屋弁では「やっとかめだなも(たぶん今の若い人は使わないだろうが)」と続くのだろうが、東三河地域では「やっとかめだね」。でも、寂しいことに、最近はあまり耳にしない。

 

 

f:id:yonnbaba:20181213170332j:plain

今日は写真を撮り忘れたので、何年か前のコスモス会のお料理を・・・。今日はこれよりも人数が多く、料理の数も大分多かったです。