よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

眠れない夜・・・でも大丈夫!

手術の日が近づいてきた。でも元来神経が太いのか、それとも幸いに手術というものと無縁にきた(家族等の手術に付き添ったこともなし)知らない強さか分からないが、それほど不安に思ってはいない。

 

なにしろ急に決まったため、残りの日にちとしなければならないことや準備するものをリストアップして、毎日それを消し込みながら暮らしている。最後まで使用するものを除いて、用意する品物や名前付けは昨日でほぼ完了した。

 

子供たちも離れているし近くにあてにする親戚もいないので、病院には許可をもらって、一人で入院し一人で手術も受けるつもりでいた。ところが台風のために仕事の日程が一日ずれて、なんとか入院・手術に付き添えることになったと、昨日長男が連絡してきた。

 

前にも書いたけれど、手術が必要な状態だと分かった時点で、部活で忙しい孫は置いて、夫婦で食料・寝袋持参で(私に世話を掛けないため)会いに来ると言ったのを無理やりやめさせたこともあって、私に似て頑固なところのある長男は、今回はおそらく私が何と言おうと来るだろうと思い、すなおに甘えることにした。

 

以前まとめ買い用に購入したレジかごリュックが収納力があるので、これに持ち物一切を入れて、タクシーと電車で入院する予定だった。この間の台風禍の苦労を教訓に、今度は前日にちゃんとタクシーの予約も入れるつもりだったが、息子が車が送ってくれるというので、「買い出しスタイル」で出かけないで済むことになった。

 

急展開でいくらか興奮気味だったのか、昨夜は寝つくのにも少々手間取り、やっと眠ると夜中1時ころに目覚め、なんとかもう一度眠ったのだが、おかしな夢を見てまた3時過ぎに目が覚めてしまった。

 

なにごとも早めに準備しないと落ち着かない私に対して、子供たちの父親はギリギリにならないと腰を上げない性格だった。夢の中でその人が、やっぱりバタバタで準備して大慌てで仕事に出かけようとして、知人も乗せている車をぶつけてしまった場面で目が覚めた。

 

入院の準備がずっと頭にあったところに息子のことを考えたのが連想を呼んで、こんな夢を見たのだろうか。なんだかそのあとはいろんなことを考えてしまって、なかなか寝付けなくなってしまった。

 

でも、そんなときでも毎日が日曜日の気楽さ。眠れなくても、次の日眠くなった時に昼寝すればいい。勤めていたときは、「明日の仕事のために眠らなきゃ!」と焦って、さらに眠れなくなるということがあった。気楽に構えると、不思議なものでまた知らないうちに眠られるものである。

 

 

ありがたいことに、先日一緒にランチをした元の職場の若い友人も、ブログを読んでくれていて手術が早まったのを知り、「入院の時、荷物が多くて大変じゃないですか。車で送るなど必要では?」とメールをくれたり、手術が8か月待ちとなったときに別の病院の情報をくれた友人は、差額ベッドのことなどを心配して、我が家の郵便ポストまで情報を届けてくれた。

 

今までも人生の大変な場面で、いつも心配したり応援したりしてくれる友人がいた。実際に頼ったりお金を無心したりはせずにくることができたが、だからと言って、信頼できる人の一人もいない状態で、今までのように生きてこられたとは思えない。どうしても困ったら、のっぴきならなくなったら、あの人を頼ろうとか、あの人も心にかけてくれている・・・と思えるだけで、人はどんなに心強いものか。

 

ネット上でもたくさんの方々にご心配いただき、応援していただいた。リアルの世界で出歩くことがままならなくても、ブログを通じてみなさんと遣り取りできたことで大変救われた。

 

スマホで投稿はしないつもり(暇すぎて試みることになるか?)なので、たぶんこれでしばらくお別れになることと思う。また無事に復帰した暁には、よろしくお願いいたします!

 

 

f:id:yonnbaba:20181006110509j:plain

ネコはいつでもどこでも、寝られますzzz・・・。