よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

少し高い所の話、『雨降る森の犬』馳星周著

夫を亡くした後、奔放に女としての人生を生き始めた母親に嫌悪を感じ、伯父の元で暮らすことになった中学生の少女雨音が主人公だ。伯父は山岳カメラマンで、蓼科の別荘地で、バーニーズ・マウンテン・ドッグという大型犬のワルテルと暮らしている。これは、その少女とワルテルの出会いから別れまでを描いた成長物語。

 

伯父の家の隣には広い敷地の豪壮な別荘があり、ゴールデンウイークと夏休みにやって来るその家の美貌の息子正樹は、地元の少女たちの憧れの的だ。買い物中にその正樹と若い継母に遭遇し伯父に紹介されるが、正樹はつっけんどんで雨音には最悪の第一印象だった。

 

伯父がワルテルの前に飼っていた、雌犬のマリアと同じ犬種だというのが信じられないほど、ワルテルは雨音に対して威嚇的な態度をとる。伯父は、男尊女卑の犬なのだと言う。やがて、雨音がボスである伯父道夫の家族だと理解し、だんだん雨音とワルテルも家族のようになっていく。最後まで、雨音のことは妹と思っていたようではあるけれども。

 

道夫や雨音、そしてワルテルと付き合い、深い森の美しさや山に登る喜びを知って、正樹のかたくなな心も徐々にほぐれ、三人と一頭は本当の家族のようになっていく。

 

雨音と母、正樹と父の親子ゆえの葛藤や、地元少女の憧れである正樹と親しくなることによって起きる、雨音と周囲の少女たちとのちょっとしたトラブルなどを織り交ぜながら物語は進む。

 

舞台は美しい信州。そこに「シズル感」たっぷりの食べ物と、悲しい時つらい時にいつも雨音のすぐそばで寄り添う犬の細やかな描写ときては、つまらないわけがないというくらいだ。犬の、とくに大型犬の魅力があふれていた。私はもともとは犬派だった。それがかなわず猫を飼い、飼ってみたら猫に魅入られてしまったが、理想は交通事故の心配のないような田舎で、大型犬も小型犬も猫もいっぱい飼って、のんびり暮らすことだったので、この作品を読んで、あらためて大型犬の魅力を感じた。

 

山岳カメラマンや優雅な別荘族という、ちょっぴり自分の日常から離れた場所の物語だったが、嫌味を感じることもなく、楽しい読書だった。雨音や正樹の素直さと不器用さ、伯父道夫の凛とした生き方などがとても心地よかったせいだろうか。もちろん、ワルテルのちょっと頑固なところも大きな魅力だった。

 

 

f:id:yonnbaba:20180916181636j:plain