よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

地震お見舞いと雨の日の嬉しい心遣い

鈍感なのか私は揺れを感じなかったし、テレビもつけていなかったので、今朝の地震を知らずにいた。たまたま大阪の方のブログを読んでいて、そこに書き込まれたコメントに「地震大丈夫でしたか?」という内容のものがあり、なんだろうと思ってニュースサイトを見て初めて知った。不運にも、小学生や高齢の方が崩れたブロック塀などの下敷きになって亡くなられている。被害を受けられた方々には心からお見舞い申し上げたい。

 

朝から少し強めの雨も降って憂鬱な月曜日となったが、11時過ぎにポストを覗きに行くと、ビニール袋に入った葉書が届いていた。もっかスタンディングとじじばばの会で平和の葉書を募集している最中で、私のところがその集積場所になっている。そのため近所のメンバーが時々自分の手元に集まった分を我が家のポストに入れておいてくれるので、またそれが届いたのだろうかと思ったら、なんと郵便屋さんが配達してくれた本物の郵便物だった。

 

郵便局から届く郵便物がビニール袋に入れられて届いたのは、これが初めてだと思う。先週私が便りを送った、誕生日前に思いがけないプレゼントを送ってくれた友人と、昨年の脊椎の病気後の療養でまだ思うように外出できない姉の、二人からの返事の葉書だった。

 

 

f:id:yonnbaba:20180618130017j:plain

 

我儘ものの私は、職探し中、気候や天候が良い日ばかりではないのに自転車やバイクで通勤するなんてとても無理と、公共交通機関で通える職場以外ははじいてしまい、それでなくても少ない選択肢をさらに少なくしたものだった。だから雨の中バイクを走らせている郵便屋さんや新聞配達の方を見ると、思わずご苦労様です・・・と頭が下がる気がする。

 

そんな、いつも通りの仕事をするのも大変な雨の中、届ける郵便物が濡れて汚れてしまわないようにとビニールの袋に入れて配達してくださるなんて!この感謝の思いをどうやって伝えよう。ポストにお礼のメモでも貼っておこうか。いや、外出時にちょうどお会いすることもあるから、そういう時に感謝の意を伝えようか。両方実行したっていい。もちろんいつも同じ方ではなく交替もあるだろうけれど。