よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

芦ノ湖遊覧船運航中止(泣)の日帰りバス旅行

地元小学校区の4つの老人会合同の、春の日帰りバス旅行。親睦のため、去年に続いて参加する。うちの老人会からは私を含めて女性3人、全体では35人の参加だった。49人乗りの新しいバスは座席も余裕、落ち着いたピンク一色の車体は大きなサービスエリアでも目立って、私のような駐車場で戻るべき車を見失う粗忽者にはありがたかった。

 

事前に、4つほどの候補コースから、各会の会長の集まりで行き先を選ぶ。うちの会は何しろ3年前に発足したばかりの新参者であるうえ、年齢も私が一番下なので、ひたすらおとなしくしているのだが、今年は意中のコースが選ばれたので、去年よりは楽しみにしていた。

 

ところが今日の箱根は深い霧の中。行きのバスの中で、ガイドさんから「視界不良と風で湖面も荒れているため、遊覧船の運航は中止です」との連絡があった。コースの中でも一番魅力を感じていたものが中止とは、心掛けが悪かったのだろうか、とても残念だった。

 

山を下りてくると、皮肉にも下界は日も差していた。遊覧船にも乗れず、富士山の姿も全く見られなかったが、雨が落ちなかっただけ幸運だったと思うことにしよう。

 

年寄り相手の行程ゆえ、行きも帰りもふんだんなトイレ休憩で時間は細切れ。でも個人で参加する旅行と違って、家のすぐ近くまで送迎バスが来てくれ、飲み物食べ物至れり尽くせりで、ほとんど茶の間に座っているだけのような気楽さで観光を楽しませてくれる。こうした機会にしか出かけられない人もいるだろうから、やはりこれは老人会の受け持つべき行事なのだろうと思う。

 

f:id:yonnbaba:20180517194258j:plain

富士山も芦ノ湖もなく、唯一箱根らしい写真、関所。

 

f:id:yonnbaba:20180517194358j:plain

沼津サービスエリアの超豪華なパウダールーム。ここにしばらく滞在したいくらい。

 

f:id:yonnbaba:20180517194500j:plain

こちらはトイレスペース。左側にそれこそホテルの個室のようなドアが並んでいる。行ったことはないけれど、ネットカフェなどより広そうな個室だった。近ごろのサービスエリアの進化はスゴイと、あまり出歩かない私は驚くばかり。

 

f:id:yonnbaba:20180517194124j:plain

一日限定50個ですぐ売れ切れてしまうという「龍神あんぱん」。箱根神社龍神水を使って作っているのだそうだ。

 

f:id:yonnbaba:20180517195035j:plain

自分用のみやげとして買った寄せ木細工の秘密箱。全部バラバラにはずせるとのことだったけれど、説明書を見ても元に戻せなくなりそうで、ここまでにする。トホ。

 

朝7時半集合、夕方5時半帰着の、校区老人クラブ日帰り親睦研修旅行の1日でした。