よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

あきれる・・・

テレビからニュースの時間というものが消滅してしまった感がある。あるのは「スポーツニュース」ばかり。そう言えば、昔、男の人が円盤投げのポーズをとっている銅像で始まる「スポーツニュース」という時間があった(あれ?それは映画館で見るニュースだったかしら?)けれど、今は普通のニュースの時間がオリンピックにジャックされてしまった。そんなにみんなオリンピックに興味があるのだろうか。

 

お隣の国で開催されているということもあるのかもしれないが、今までにも増してオリンピック報道が過熱している気がする。どうも再来年の東京オリンピックをよりいっそう盛り上げるための、どこぞの策略ではないかと勘繰りたくなってしまうほどの状況だ。

 

この分では2020年の夏はどんな暑苦しさになるのだろうと思うと、いっそオリンピック前後の何か月か(おそらく開催前からかまびすしくなるだろうから)、よその国に避難しようかという気にすらなる。行くところと資金があればの話だけれど。

 

 

話は変わるが、我が市では、毎年その年に70歳の誕生日を迎える人を対象に、シルバー優待カードなるものが配布される。市内のいろいろな施設(動植物園とか美術博物館など)が無料や優待料金で利用できるカードだ。まとめて民生委員のもとに届き、担当区域の対象者に届けて歩く。おそらく健康などの状況把握の意味も兼ねての方策だったのだろうが、現代の70歳はみなさんとてもお元気で、おおかたは「えっ、こんなものいただく年になったの?」という反応だ。

 

そうして、まだまだ現役で働いている方もあるので、お留守でなかなか会えない場合も多い。「都合のよい日をご連絡ください」とメモを入れてくるのだが、たいてい連絡はいただけない。

 

個人情報の関係からか、氏名と住所だけで電話番号の情報は与えられないので、相手が連絡をくれないとひたすら何度も訪問するしかない(先日の5階まで階段で4回・・・のように)。今回何度訪問しても留守で渡せず最後まで残った人が、たまたま古い町内会の資料で電話番号の分かる人だったため、夜7時前くらいに電話をしてみた。

 

すると、電話に出られたのですぐにも伺おうと思ったのだが、間髪を入れず、「明日の朝取りに行きます」と仰る。続けて「朝何時ころ起きられます?」と言うので「7時くらいまでには起きますけど」と答えると、「では7時に行きます」と仰る。おそらく家を訪問されるのを好まず、しかも朝の早い仕事で、出がけに寄りたいのだろう。

 

明日の朝はちょっとがんばって早起きしなくては・・・。

 

追記:もうひとつ「あきれる」

上の文章で「間髪を入れず」と入力するのに、「かんはつをいれず」と打ったら求める文字が出ず、「かんぱつをいれず」と打ったら一発変換できた。

 

 

f:id:yonnbaba:20131209212032j:plain

アタシたちがいたら、ちゃんと起こしてあげたのにね(キリッ!)  byドリーム