よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

山田孝之くんのCM

前々から山田孝之くんの出演するコマーシャルは面白くて楽しみだったが、最近目にするようになった小栗旬くんとの携帯電話のCMには、見るたび笑ってしまう。

 

刑事という設定の二人が犯人を追って走っている。小栗くんが「応援を呼べ!」と言い、山田くんが携帯電話を取り出すが手が滑って落とし、割れてしまう。「あー」と途方に暮れる山田刑事。「何してるんだ、犯人逃げちゃったじゃないか」となじる小栗刑事。「割れちゃったじゃないか」と山田。「おまえ、〇ローズじゃないのか」と小栗刑事が自分のケータイを出すと、山田刑事はやにわにそれをガン!と自分のおでこにぶつける。「なにするんだよ!」と小栗刑事。「強いね~」と感心する山田刑事、というもの。

 

コーヒーの七変化ぶりも楽しいし、フリーマーケットに出店している女性からピンハネする、ワルっぽい男を演じるフリマアプリのCMも楽しい。なぜこうも山田くんのCMは面白いのだろう。録画中であっても飛ばさずに見たいと思えるくらいだ。

 

だいぶ以前のことになるが、永瀬正敏さんのCMがこの山田くんのCMとタイプが似ていたように思う。人気があるからとCMに引っ張りだこになって、あまりに露出が増えるとそのタレントさんに飽きてしまったりすることもあるが、永瀬さんや山田くんのコマーシャルは、彼らがCMに出ているというより、ごくごく短編の映画作品を見ているような感じがするため、何社ものCMが重なっても、何度も繰り返し見ても、嫌味にならないのかも知れない。

 

ちゅらさん』の可愛いけいたつくんは、たいへんな怪優に成長した。

 

 

f:id:yonnbaba:20180213222828j:plain