よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

松山ケンイチさん演じる大器くんがタマラナイ『隣の家族は青く見える』

1月にスタートした冬ドラマも中盤にさしかかっている。今期はなんとしても見逃したくないと思うほどの作品はないけれど、『隣の家族は青く見える』がほのぼのしていて楽しい。

 

一昨年話題になった『逃げるは恥だが役に立つ』が新しいタイプの恋愛ドラマを見せてくれたが、この『隣の・・・』は、新しいタイプのホームドラマと言えるかもしれない。舞台は4つの家族が暮らすコーポラティブハウス。住んでいるのは、子供が大好きなのになかなか授からない夫婦(松山ケンイチ深田恭子)、ゲイのカップル、子供をつくらない約束をしているカップル、商社マンの夫と専業主婦の妻に二女で、理想の家庭を装っている家族だ。

 

これに加えて、松山ケンイチの実家の焼鳥屋では、妹が結婚していないのにその店で働く若者の赤ちゃんをみごもるという事態になっていて、現代の若い家庭が抱える様々な問題を提示している。

 

松ケンと深キョンのカップルは不妊治療に取り組み始め、その治療が経済面だけでなく、精神的にも負担になることなどが分かりやすく描かれ、子供を持ちたいと思っている人たちや、その周囲の人たちにはとても参考になりそうだ。

 

物語は不妊やゲイや前妻との間にできた子を引き取る問題や、過酷な労働環境に嫌気がさして退職したものの、なかなか次の就職口がなく悩む夫など、結構深刻な問題をはらんでいるのだけれど、なんといっても主人公のふたりがお互いを思い合い、周囲の人にも思いやりがあって、見ているものの心を温かくしてくれる。

 

とりわけ、松山ケンイチさん演じる夫の大器くんが素敵で可愛くって、たまらない。先週は、夫の実家で義妹が初めての胎動を感じる場面に遭遇し、周囲のみんなが大喜びしている中、本当は自分はすなおに喜べなかったのだと、妻の奈々が打ち明けるシーンがあった。大器は奈々をなぐさめ、自分たちはこんなにも赤ちゃんに来てほしいと願っているのだから、きっといまに来てくれると励ます。ああ、こんな優しい旦那様がついていてくれたら、どんなに幸せだろう。

 

また、ゲイのカップル(眞島秀和北村匠海)の北村匠海と妻の奈々が、共用スペースで仲良く話をしている様子を見てしまった大器が、焼きもちを焼く様子がなんとも可愛い。深田恭子さんの奈々もおっとりしていて和ませるが、このドラマの一番のほのぼのキャラクターは松山ケンイチさんの大器くんだ。

 

松山ケンイチさんと言えば、『デスノート』のLとか『銭ゲバ』(ちょっとしか見ていないが)の暗い役が思い浮かぶのだけれども、この大器役もぴったりはまっていて、彼のお母さんよりはるかに年上であろう私ですら、胸がときめいてしまいそうだ。

 

 

f:id:yonnbaba:20180206204656j:plain