よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

望月さんのツイート効果と嬉しいエコファー流行のニュース

先週NHKの朝のニュースで「今年はエコファーが流行している」ということを報じていた。近年動物愛護の観点から関心は高まってきていたようだが、フェイクファー生地を作る技術の高まりで、本物と見まがうものができるようになったのだそうだ。しかもそのメーカーは日本企業で、ヴィトンやグッチから注文が入っているという。

 

今までもフェイクファー製品はあったけれど、あくまでも本物の毛皮の代用という位置づけだった。それが、やっと「動物を殺して作る本物の毛皮より、フェイクのほうがカッコイイ」という評価に変わったそうだ。呼び名も「フェイク」から「エコ」になり、世界のトップブランドが次々に毛皮製品の扱いをやめると発表しているらしい。

 

 

f:id:yonnbaba:20171122154914j:plain ELLEのサイトから

 

今まで、モデルや女優が高価そうな毛皮の衣装を身に付けているのを目にするたび、着る人も見る人も、どうしてこれが素敵だと思うのだろうと不思議だったので、何を今頃という感がするが、それでもとにかく、影響力のあるトップブランドや有名人が、本物の毛皮なんていまや悪趣味なのだという価値観を発信してくれるのは嬉しい。

 

 

有名人の影響力と言えば、少し前に望月さんのツイート効果で、拙ブログのアクセスが激増したことを書いた。

 

f:id:yonnbaba:20171121204751p:plain

 

これが、そのアクセス激増ぶりを示すスクリーンショット。右から三番目が望月さんのツイートに拙ブログの『じじばばの会』のリンクが張られた日。

 

それまで毎日良くて200前後のアクセスだったのが、急に2500近くに増えたため、それ以前の棒グラフはゴミのように小さくなってしまった。その後二日間は1000前後で、やがて400、300と次第に減って、そろそろ通常に戻りそうな塩梅になっているのだが、この画像はだいぶ前に保存したものなので、元に戻りつつある部分は入っていない。

 

落ちぶれたとはいっても、まだまだテレビも影響力は大きい。毎日毎日、バラエティー番組はおろかニュース番組まで、座間の事件の後追いや大相撲の暴力事件ばかり報じているのはどうなのだろう。

 

エコファーのニュースなどを見ると、世界は少しずつではあっても良い方向に向かっているのかなと思うのだけれど・・・。