よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

女優ミムラさんの「ミムラ」は・・・

先日録画したままにしていた『100分で名著』を見ていて、女優ミムラさんの後ろ姿の美しさに打たれてしまった。

 

男女の会話の部分の朗読で、川口覚さんが朗読しているのを、彼女はそばの椅子に座って聞いていた。その姿を斜め後ろからカメラがとらえていたのだが、シャキッと伸びた背筋から、ゆるく髪を結い上げたうなじに続くラインがバレリーナのようで、ドキッとするほど美しかった。

 

今まで、変わった名前で、柔らかな感じのきれいな女優さんだなと思っていただけで特に関心はなかったけれど、ひょっとしてバレーをなさっていたのかなと、にわかに興味が出て調べてみた。

 

バレーやダンスをしていたわけではなかったが、初めの仕事がモデルだったようなので、姿勢などのレッスンを受けたのかもしれない。それより私にとってプロフィールで一番印象的だったのは、芸名の由来だ。『ムーミン』のミムラ姉さんが好きで、それを取ったのだそうだ。

 

おもしろい芸名だと思ってはいたが、まさかムーミンが関係していたとは知らなかった。スナフキンさんには淡い恋心さえ感じていたものの、正直ミムラ姉さんは忘れていた。それなのに、なんだか勝手に、女優ミムラさんとの距離が縮まった気がした。

 

この『100分で名著』で、彼女の後ろ姿とともに、朗読の美しさにもうっとりしたのだけれど、文章を書くことが好きで、雑誌に書評やエッセーを書いていて、本も出しているそうなので、きっと言葉を大切にする人なのだろうなと納得した。

 

女優さんは人に見られる仕事だし、映像を通して自分の姿を客観的に見る機会も多いだろう。必然的に後ろ姿にも意識が届きやすいかもしれない。私は時々、幽体離脱して外から自分を眺めて見られたらいいのにと思うのだが、なかなか普通の人は自分の後ろ姿は分からない(そもそも、左右反転しない自分の真の姿を、自分が見られないというのはなんか納得いかない)。

 

美しいお手本を見ると、努力で近づけるところは少しでも近づきたいと、励みになる。年を取ると、思いはあってもあちこち痛みがあって、自分の体ながら意のままにならないことも出てくる。腰や股関節が悪いと、背中シャキーン!どころではない。外側や形をまねようとしても、日々の鍛錬で内側からきちんとしていかなければならない。

 

というわけで、今日も整骨院にマッサージに行ってきた。あと少し、になってからの痛みは、しぶとくてなかなか取れない。

 

 

f:id:yonnbaba:20171110220212j:plain

はねっかえりミイのやさしいお姉さん    (サイトよりお借りしました)