よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

サッパリとした頭の外側と、ぐちゃぐちゃの内側

10日・14日・18日。父・兄・母の月命日のいずれかに墓参するようにしているのだけれど、今月はなにやかやと用事に紛れて母の命日も過ぎてしまった。でも、考えようによっては、彼岸には親戚の誰かが来てくれるやもしれず、だとすればお花は丁度良いつなぎになったかも知れない。

 

我が家の墓の一角に勝手に生えた木(名称不明)に、大きな青虫がくっついていた。もう蛹になる態勢でじっとしている。伸びすぎた枝を切ったけれど、この子の枝はそのままにしておいた。それでも私が切っている間ユサユサ木が揺れるので、きっと気が気ではなかっただろう。ドキドキさせてゴメンね、と謝っておいた。これで蛹になってそのまま飲まず食わずで春まで・・・。生き物ってすごい。

 

墓参のあと豊橋駅に出てお昼を済ませ、半年ぶりに美容院に。ショートから伸ばしっぱなしにしていた髪を、ミディアムに整えてもらってパーマをかけ直す。若い頃はほとんどロングで過ごしていたが、年齢とともに髪も容色が衰えることに気付きこのところショートにして、二か月ごとくらいにカットしていた。

 

前回なんだか理屈っぽい男の子に当たってしまって、こう言えばああ言うといった感じでどんな風にして欲しいかを伝えるのにとても苦労した。そのせいで、それでなくても気が重い美容院行きがさらに憂鬱になり、そのうち、そのうち、と延ばすうちに半年たって、長い部分は肩に届くほどになってしまった。こうなるとやはり馴染みのあるロングが恋しくなり、涼しい季節に向かうことだし、しばらくセミロングくらいにしてみようかという気になってしまった。

 

もうどうにも放っておけないほど、長さもパーマのとれ加減もひどい状態になっていたのでついに年貢を納めたという次第。今日は適当な注文でも適当に応じてくれる、大らかな女性の担当で良かった。しかも適当に頼んだわりには、仕上がりもほぼ満足。

 

 

こんな訳で頭の外側はサッパリしたのだけれど、中の方はイライラでぐちゃぐちゃだ。もちろん、あの、国を私物化しているとんでもない人物のせいだ。さんざんミサイルの危機感をあおっておいて解散だなんて。こんな勝手なことをして、天誅を下してやりたいところなのに、悪者をやっつける一番の主役、戦隊ものなら「赤色」のヒーローがまるでシャキッとしないのだから、応援団としても情けないことこの上ない。

 

 

f:id:yonnbaba:20170918180838j:plain

昨日の夕方散歩した「なまず池公園」の池の大きな鯉。

 

f:id:yonnbaba:20170918180857j:plain

夕焼けを映すなまず池。

 

f:id:yonnbaba:20170918181056j:plain

薄暗いのでぼやけているが、寄り合いを開いていた?三匹の猫。もう一匹黒猫が近くまで来ていた。散歩のフレンチブルちゃんが猫たちと話がしたいのか、綱を引っ張って「帰りたくないヨ~!」と言っていた。