よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

最後の親知らずを抜いた

4本の親知らずのうち、右下の1本だけがまだ残っていた。この1本のために、右下奥は狭苦しくて歯磨きがとてもしにくく、抜いてしまっても・・・と思ったのだが、先生は「役立つ時があるかも知れないので、虫歯になるとか、隣に悪影響がない限りなるべく残しておきましょう」と仰るので、仕方なくその言葉に従ってきた。

 

ところが、この頃時々右下部がうずく感じがするので、3か月のクリーニングに行った折に話してみた。すると、この残していた親知らずが虫歯になっているというので、ついに抜くことになったのだ。

 

上の2本はいつ抜いたのか記憶にない。はえなかったのかも知れない。下の左は何年か前に、やはり今通っているデンタルクリニックで抜いてもらった。その前に、同じ職場で働いていた人から、親知らずを抜いたときのとても怖ろしい話を聞いていたのでドキドキしていたが、先生がお上手なのか、私の歯が根性がないのか知らないが、怖い思いなど全くすることなくあっさり終わった。

 

今回も抜歯は無事終了した。でも予約が11時45分だったので、終了したのが12時過ぎ。2時間は飲食しないでくださいとのこと。失敗した。歯科に行く前にお昼を済ませておくのだった。時間時間にきっちり食事をしたい人間なので、これから2時間も飲み食いできないなんてとても辛い。抜歯後の血を止めるために綿をしっかり噛んでいたのだけれど、さらに歯を食いしばって我慢した(おおげさ・・・)。

 

とうとう私の歯は上下14本ずつ、合計28本のみとなった。これを今後ずっと保ち続けられるだろうか。現状のまま3か月ごとに検診・クリーニングに通えば、死ぬまでこの状態を維持できるだろうか。

 

内科にはほとんど行かないが、歯科は3か月ごとの受診で、クリーニングのみで終わることもあるが、ちょこちょこと治療が必要となり、時にはセラミックのかぶせ物で十数万円かかることなどもあった。この5年間の受診費用を調べてみたら、2万円切った年から20万円を超えた年もあり、平均で6万7千円ほどになった。私は虫歯リスクが高い体質だと思うので、これくらいの出費は仕方ないかなと思う。

 

夕方、麻酔が切れて痛み始めたので痛み止めに頼った。なるべく抜いた跡に食べ物が入らないようにとのことなので、夕食もそうめんを噛まずにのみ込むようにして食べた。薬味もなしの味気なさ・・・。やっぱり歯は大切にしなくては!健康の源でもあるうえ、食べることはとても大切な喜びでもある。

 

邪魔だった親知らずがなくなったので、ますます丁寧に歯磨きをして、検診に行ったとき「すべて綺麗に磨けています」と言っていただけるようにしよう(初めのころは磨き残しがあって、歯磨き指導をよく受けた)。

 

 

f:id:yonnbaba:20170830204330j:plain

私の指を”チュッチュ”するドリーム。(乳離れ前に捨てられた影響と思われる)

甘い物が好きだった(好きにしてしまった)ドリームも、歯のトラブルがあったことを思い出す・・・。天国でもチュッチュしてるのかな?ほんとのママに会えたかな?