よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

正義の味方じじばばの会

スタンディングの”言いだしっぺ”が呼びかけていた「正義の味方じじばばの会」が、今日第一回の顔合わせをして発足した。スタンディングという手法に限界を感じたことに加え、新たなグループで話題性を作り、メディアに取り上げてもらえたらという願いもあった。幸い「じじばばの会」という訴求力のあるネーミングも功を奏したのか地元の新聞に掲載され、今日の打合せには、その記事を見て連絡をしてきた新しい顔ぶれの参加もあった。

 

まず取り組むのは、リスクを承知の上で勇気をもって声を上げた3人の方の応援だ。

”言いだしっぺ”がフェイスブックで呼びかけた記事(写真も)

前川さん、東京新聞の望月記者、レイプ被害者の詩織さん、この3人の勇気ある行動をみんなで応援したらどうかと考えています。賛同者はきっと多いと思います。
愛知の豊橋で最近立ち上げた「正義の味方 じじばばの会」の企画として、各新聞社に取材、掲載をお願いする予定です。読者からのメッセージを募り、巨大ポストを街中に一時用意し、その場でもハガキを書けるようにとか。...

望月記者はいいとして、前川さんと詩織さんはどこにメッセージを送ったらいいかわかりません。どなたかご存知ありませんか?ヒントやアイデアでも結構です。

 

f:id:yonnbaba:20170626210734j:plain

 

 

近々このポスト持参で新聞社を訪問し、記事の掲載をお願いする。そのあと、七夕の7月7日から三日間ほど連続で街なかでこのポストを持ち、応援メッセージの投函を呼びかける予定だ。

 

良かったら、ぜひ他の地域でもこの活動を広げてほしい。声を上げた人を潰さない、政権の疑惑は粘り強く追及する、そうした姿勢を世の中に定着させていきたいと思う。