よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

バス事故、恐怖の瞬間

今朝の東名高速で起きたバスと乗用車の事故のニュースには驚いた。バスのドライブレコーダーに事故の瞬間が写っていてその映像がニュースで流れたのだけれど、対向車線の乗用車が中央分離帯を越えて、まるで木の葉のように軽々と飛ばされてきて、バスのフロントガラスにたたきつけられた。実際は吹き飛ばされてきた訳でなく、なんらかの運転操作ミスがあって吹っ飛んできたのだろうが、映像ではまさに「木の葉」のように「軽々と」見えたのだ。

 

激突する瞬間、バスの運転手は頭を下げてよけようとしていたが、ちゃんとブレーキもめいっぱい踏み込み、ハンドルも左に切っていたのだそうで、そのとっさの判断が幸いしたのか、重傷者こそ出てしまったが、バスの乗客から死者は出なかった。乗用車はまるで金属の屑の集まりのようになってしまっていたが、バスの方もかなり前部が破壊されていて、事故のすさまじさを思えば、死者が乗用車の運転者のみだったというのは、本当に奇跡的に思える。

 

このバスに乗っていた団体旅行客は隣の豊川市の町内会の人たちで、バスは豊橋市の観光バスだった。今のところ知り合いが巻き込まれたということもないようだけれど、おかしなもので、遠い場所で起きた知らない町の人たちの事故とは違う衝撃を覚える。

 

きっと、沖縄で起きていることも、シリアで起きていることも、その他日々この地球上で起きている悲しい事態や事件や事故のすべてが、こういうことなのだろうなと思う。その大変な事態に遭遇している人が自分の知っている人だったら、知っているどころか自分にとって大切な人だったなら、現在の何倍も何十倍も痛みを感じ、とてもじっとしていられないだろう。

 

世界中の一人ひとりが、大きな力を持っている人はとりわけ、こんな風に想像してみたら、辛くて辛くて、なんとしても平和な世界にせずにはいられないだろう。

 

Imagine all the people ・・・だよね。

 

f:id:yonnbaba:20170610123829j:plain

父の祥月命日、墓参に行き帰途あのお店で昼食を・・・と決めていた店に行くと「本日は13時から営業します」。その時まだ12時を回ったばかり。ならば、と第二候補のレストランに行くと、土曜日だというのに休んでいる。なんでこうも私の好きなお店は商売っ気がないの?仕方なく、大型スーパーの中のお店で昼食に。レタスピラフのセット(ドリンクとミニソフト付き)というのを注文。アイスクリームも一緒に供されてしまうの?と焦ったが、器が冷やされていて案じたほどゆるくはならなかった。

なんと平和でありがたいことか・・・。