よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

墓参の功徳?

今日は母の月命日。墓参りに行く予定にしていた。ところが朝ちょっと込み入った電話があって、小一時間ほど話してしまった。それも、毛染め剤を塗ったままだった。普通なら15分か20分おくだけなのに、こんなに塗りっぱなしにして大丈夫だろうかとドキドキしたが、色が少々濃くなりすぎただけで、幸いかぶれたりすることはなかった。

 

そんな訳でただでさえ支度のゆっくりな私が、すっかり段取りが狂ってしまった。いつもなら、ここでもう出かけるのは又にしよう・・・となるところなのだが、なぜか今日はそれでも行こうと思った。電車をやめ、タクシーにすれば午前中に墓参を済ませられる、そう思って準備をすませ、花を買うため近くのスーパーに向かった。

 

すると、前方から来た社会福祉協議会の車がスピードを落とし窓を開けて「〇〇さん!」と呼びかけて来た。なんと、二十年ぶりくらいの友人だった。豊橋に戻ってきてまだ間もない頃、どうせ新たに仕事を探すのなら前々から興味のあった福祉分野でと思い介護の仕事をしたときに、同じ職場で働いた仲間だ。

 

年齢は私より10歳くらい年下だけれど、とてもしっかりしていて仕事がよくできる、頼りになる先輩だった。運転手さんが休みで、2人だけで組んで訪問入浴車を運転して行く時など、方向音痴の私と違って、大通りが混んでいたりすれば、知らない抜け道を勘一つで選んで行ける頼もしさも持っていた。

 

今日は、ちょうど私の団地に担当の方を訪ねていくところだと言う。「もう56歳になっちゃったよ。あと4年頑張る!今は老人介護でなく障碍の方を専門に担当してる。〇〇さん、民生委員さんやってるんだよね。今度そっちのことでも相談があるけど、また仕事とは別にゆっくり話そうね~」と言って、今は仕事中だからと車をスタートさせた。

 

とても気が合って、職場や上司に対する不満でも意見が一致して、自宅にも遊びに行きご主人やお子さんと会ったこともある。当時3人のお子さんは、まだみんな小学生だった。私がその職場をやめてから彼女も他の職場に移り、年賀状をやり取りするくらいで、ほとんど会う機会もなく20年近い月日が流れてしまった。

 

今日長い電話があったりしてグズグズしていたからこそ、あの時間に私があの道を歩き彼女と出会えたのだ。あとほんの数分ずれても会えなかったと思うと、今日の偶然に感謝するばかりだ。一緒に働いた期間は1年ほどにすぎないのだけれど、心が触れ合った相手とは、一瞬の邂逅で一気に同じ時間を過ごしたところに戻ることができることを、今日久々に実感した。

 

別れ際、ハンドルを握る彼女が「今日はいい日だ・・・」と呟くのが聞こえたけれど、私も今日は本当にいい日だった。遅くなっても諦めないでお墓に出かけることにしたので、父や母が友に会わせてくれたのだろうか。

 

 

f:id:yonnbaba:20170514170900j:plain