読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

昔の乙女が乙女沢遊歩道を歩く

昨日から書いている、この3日、4日の一泊温泉旅の話、お酒や料理の話をお待ちの方も多いことだろうが、まだまだ飲むには日が高い。

 

f:id:yonnbaba:20170405151445j:plain

これは私が夕食時に飲んだ「蓬莱泉」の関谷醸造さん(HPより)。設楽にある酒造だ。

 

同じくこの酒蔵が出している人気の純米大吟醸「空(くう)」と「美」。以前同じ職場で働いていた若い女性(娘のような年齢の、同期の子)がこの「空」好きで、持参してきてくれて賑やかに飲んだことがあった。今回の宿にももちろん「空」があったけれど、味の分からない私が一人で飲むにはちともったいなく、却下。

f:id:yonnbaba:20170405151907j:plain通販サイトより

 

さて、お酒の話は一時置いて、私が目的地の湯谷温泉駅に到着したのは昼過ぎ。チェックインは3時なのでまだたっぷり時間がある。昼食をとって、その後しばらく周辺を散策することにした。

 

f:id:yonnbaba:20170405153930j:plain 

しばらく行くと、立派な桜の大木の脇に何やら看板。

 

f:id:yonnbaba:20170405154037j:plain

なになに、「乙女沢遊歩道」。散策に持ってこいだとこの遊歩道へ。

 

f:id:yonnbaba:20170405154329j:plain

でも、踏切の向こうに口を開ける遊歩道の入り口は昼なお暗い、という感じでコワイ。

 

f:id:yonnbaba:20170405154535j:plain

入口まで行くとたくさんのスミレが咲いていて、そのスミレたちに励まされるような気がして、行ってみることにした。

 

f:id:yonnbaba:20170405154842j:plain

木漏れ日と美しく苔むした世界。写真の腕が良ければいいのだけれど・・・。

 

f:id:yonnbaba:20170405155131j:plain

沢にそって700メートルほど歩くと、遊歩道の終点「不動滝」に到着。落差10メートルくらいはありそうだ。

 

f:id:yonnbaba:20170405155823j:plain

お不動様が祀られている。

 

往復小一時間。人っ子一人いない、木々と水と鳥の声だけの世界だった。ああ、一か所何かを踏みつけてしまったかと思う「ギュッ」という声がして、思わず足を止めた。耳を澄ますと、「ギュッ、ピュル、ヒュッ・・・」というような、不思議でかすかな声がしている。どうも沢から聞こえてくるようなのでカエルかと思うが、まるで聞いたことの無い鳴き方だった。スマホで録音してみたが、耳をくっつけてやっと聞こえるほどのかそけき声。未だ解明できず。

 

静寂を楽しむいっぽう、突然怖い人が出現したら(サスペンスドラマの見すぎ)・・・とちょっぴりドキドキもしながら歩き続け、やっと最初の踏切のところに戻った時にはほっと肩から力が抜けた。

 

f:id:yonnbaba:20170405162851j:plain

しきりにトンビが水面すれすれに降りて来ていた。魚を狙っているのだろう。水面を叩く瞬間はうまく撮れなかった。

 

f:id:yonnbaba:20170405163017j:plain

宿に向かう途中、ほかのお宿の入り口でなぜか、かばさんが日向ぼっこ。この日はこれで、はづ別館にチェックイン。