読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんばば つれづれ

民主主義を機能させる、自立した「ひとり」でありたい

スタンディングの第二回Peace展の搬入日 【写真を追加】

暮らし

去年に続いて二回目のPeace展が、いよいよ明後日から開催となり、今日は4時から搬入作業をした。

 

一番大変な作業は、300枚のスナップ写真の掲示だ。メンバーの友人でデザインなどの仕事をしている方が協力してくれて、ギャラリーの壁一面になるほどの大きな布地に、木を描いて、そこに葉っぱに見立てた写真を安全ピンと木製の洗濯バサミを使って止めていく、という手法を考案してくれた。

 

その方が布に大きな大きな木の絵を描いたものを作成し、おまけに300枚もの写真を中央部用とかサイド部分用とか、大きさや被写体でグループ分けまでしてきてくださった。おかげで、人手もたくさんいるし時間もかかるだろうと思ったこの作業が思いのほか手際よく進んで、とても助かった。

 

それでも作品一つひとつ、取り合わせも考えながら、水準器まで当てて展示していく作業(これは外部参加のプロの方たちの作業)はやはり結構手間のかかることで、ギャラリー併設の喫茶の方が閉店の時間(18:00)になってしまい、その後もしばらく頑張って、なんとかかんとか形になったころは30分も超過してしまっていた。オーナーさん、ごめんなさい。

 

それでなくても、”言いだしっぺ”は本業の仕事からスタンディングのまとめ役の仕事まで非常に忙しいのに、今年もまたこの大変な作品展の開催を言い出して・・・と、なかば呆れもし、また心配もしたが、大勢の人が集まり、普段のスタンディングの顔ぶれとは違う人も入れ代わり立ち代わり現れたりの今日の賑やかな搬入作業を見ていたら、やっぱり大変でもPeace展を開催することにして良かったなとしみじみ思った。

 

”言いだしっぺ”の人間的魅力が、多くの人を巻き込み動かし、大変な作業にも誰もが何かしらできることで協力したいという気持ちにさせるのだけれど、さらに、その協力するメンバーに繋がりのある人々がまた協力してきてくれて、人の輪がいっそう広がっていく・・・。しかもみんないきいきと楽しそうに立ち働いていた。

 

明日水曜日は会場のお店の定休日で、豊橋スタンディング+(プラス)の作品展、第二回Peace展は、明後日16日(木)から来週21日(火)までの開催。

会場は 豊橋のギャラリー珈琲茶房 縁六 9:00~18:00(最終日は16:00終了)

www.enroku.com

ちなみに、私は16日の午後と20日の朝から3時ころまで(目印は猫?)いる予定。お近くで、ご用とお急ぎでない方はコーヒーを楽しみながら、お気軽にのぞいてみてくださいませ!

 

 

f:id:yonnbaba:20170314204838j:plain

昨年のPeace展のメイン作品だったキルト。今年これに代わるものとして300枚のスナップ写真「ぼくらは みんな 生きている」を企画。後日アップしますので、お楽しみに。

 

 スタンディングのFBページから写真を追加

f:id:yonnbaba:20170314225422j:plain

 

f:id:yonnbaba:20170314225431j:plain

 

f:id:yonnbaba:20170314225441j:plain